王室礼拝堂 (LA CHAPELLE ROYALE)

 こちらは、ベルサイユ宮殿の礼拝堂 (LA CHAPELLE ROYALE)です。ここで王の1日の中でも重要な行事であるミサが行われていました。

la chapelle royale (2).JPG


 ヴェルサイユ宮殿の王室礼拝堂は、ジュール・アルドゥアン=マンサールの考案によるもので、ベルサイユ宮殿の中では一番後回しの建築となり、1710年にやっと完成しました。ルイ14世は信仰心があまり深くなかったようで、宮殿の建設を始めてしばらくは、礼拝堂の建設に興味を示さなかったそうです。しかし、王妃マリア・テレサを亡くした後に結婚した信心深いマントノン夫人の影響で、1869年についに礼拝堂の建設を決めたということです。


 この礼拝堂、見学コースでは最初に見るようになっています。柱はコリント様式で、正面に見えるのがパイプオルガンです。