憧れのフランス田舎町のシャンブルドット - Le Clos Tanpere


パリにまだ住んでいない頃、フランスは遠くて、ましてやフランスのカンパーニュなんて、車がないといけないところがほとんどで、パリや南仏の大都市に行くのがやっとだった私は、フィガロなどの雑誌の特集で、フランスの田舎のシャンブルドット特集みたいなのを眺めては、よくため息をついていたものでした。


今は、週末にふらっと(予算が許せばですが。)ノルマンディーあたりに1泊旅行に気軽に行けるようになりましたが、別荘のない私たちは、大きなホテルではなくて、個人経営のアットホームなシャンブルドットに宿泊して別荘気分を味わっています。



よく使うホテルサイトの『BOOKING COM』で見つけたパリから1時間くらいで行けるシャンブルドット。

利用した人たちのコメントが素晴らしくて、点数は最高のExceptionnelの9.5点。

宿泊した人たちが、口を揃えて言っているのが、オーナー夫妻の温かなもてなしの数々。

私たちが泊まったのは真冬の寒い日でしたが、まるで田舎の親戚の家を訪れたような温かい気分になりました。


大きな一軒家を改造したシャンブルドット。
内装のほとんどオーナー夫妻の手で少しずつ手を入れて作り上げたそうです。

シャンブルドット12.jpg




置いてあるソファや肘掛け椅子も、古いものを白く塗り直し、布を張り替えて素晴らしい雰囲気に仕上げっていました。


シャンブルドット11.jpg




ご主人が壁や天井など内装をひとりで塗り替え、奥様は家具を手作りでシャビーシックな感じに作り直していったそうです。

シャンブルドット10.jpg



奥様は椅子の張り替えの教室にも通って、プロ級の腕のようです。
写真にはあまり椅子類は写っていませんが、お家のあちこちに座り心地の良さそうな素敵なソファや肘掛け椅子が置いてありました。

シャンブルドット13.jpg



サロンに置いてあるひとつひとつの小物類も凝っていて、まるでフレンチカントリースタイルの雑誌の中にいるみたいな気分になりました。

シャンブルドット14.jpg





写真をいっぱい載せると重くなるので、お部屋やキッチンの写真は、また次回に。


私たちが行ったのは冬だったのですが、大きな広いお庭があるので、春から夏にかけて、またいっそう素晴らしい滞在になると思います。


こちらがBOOKING COMのページですが、季節毎の庭の様子の写真も見ることができます。

http://www.booking.com/hotel/fr/le-clos-tanpere.fr.html


Le Clos Tanpère
Chambres d'hôtes

Françoise et Patrick DEMAZURE
15 rue de la Marette
27510 PRESSAGNY L'ORGUEILLEUX
France












にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ



音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル