噂のフロマジュリーで


普段の食べるフロマージュは、マルシェで買うことが多いのですが、我が家の近所でとても美味しいというフロマジュリーがあるので行ってみました。



すぐ近所なのに、なぜ今まで行かなかったかというと、近所の人たちの話では、すごく美味しい、でもすごくすごく高いということだったからです。



その美味しいらしいけれど、高いフロマジュリー。

フロマージュ1.jpg



土曜日だったので、お店の外までお客さんが並んでいました。

私たちも並んで、入っていると、マルシェよりも厳選されたフロマージュが並ぶ店内。
品揃えも豊富です。

フロマージュ.jpg



お客さんがいっぱいいて、写真が撮りにくかったけれど、こっそりささっとちょっとだけ撮影しました。

フロマージュ2.jpg




全体に私の苦手なシェーブルのフロマージュが多い印象でした。

山羊のチーズは、フレッシュなものは匂いがだめなのです。
しっかり熟成された固めのものなら美味しいと思えるものもあるのですが。


以前、ノルマンディーの農家で食べた長く熟成したシェーブルのフロマージュはとても美味しくいただけたので、好みのものもあるのですが、シェーブルは買うたびにドキドキしてしまいます。



今回買って帰ったのは、見た目、すごくクリーミーで美味しそうなシェーブルとセミ・ハードタイプのトム・ドゥ・サヴォア。

フロマージュ3.jpg




シェーブルは、我が家のフランス人は大喜びで食べていましたが、私はやっぱり無理でした。
トム・ドゥ・サヴォアは、お値段もお手頃で、脂肪分も少なく美味しくいただくことができました。


このフロマジュリーで気に入ったのはワインのセレクション。

フロマージュの並ぶ棚の上に、ずらっとフランスのチーズ生産地域のワインが並んでいました。
フロマージュを買ったついでに、同じ地域のワインを選んで買うことができます。

私たちは、ちょっと珍しいジュラの赤を見つけたので買って帰りました。

お店のオーナーに、お客さんの買ったフロマージュにぴったりのを選んだねと褒めて?もらって、お家でテイスティング。


キッチンの隅のテーブルで。

ジュラの赤.jpg




今は、二人暮らしなので、普段はダイニングのテーブルは使うことはなくて、いつも狭苦しいキッチンでちょこんとごはんを食べています。

キッチンで食べるとお皿の準備も後片付けも楽なので、サロンにあるダイニングテーブルは飾りみたいになっている我が家です。



フロマジュリーの話に戻りますが、高いという噂に入るのを避けていましたが、大人買いしなくてその日食べる分だけ買うのであれば大丈夫だし、ワインのセレクションがとても良かったので、これからも時々、ここで購入しようと思います。


今度は、ノルマンディーで食べたみたいな長期熟成の固めのシェーブルを試してみたいと思います。











にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ



音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル