サンジャン大司教教会の天文時計

lyon 048.JPG


 リヨンシティカードを使って、ガイドツアーに参加してみました。その時に、ガイドさんに連れて来てもらって場所のひとつが旧市街にあるサンジャン大司教教会です。

 サンジャン大司教教会(PRIMATIALE SAINT-JEAN)は、フルヴィェールの丘の麓、初期キリスト教の洗礼堂等があった場所にあって、建設が始まったのは12世紀。完成に3世紀も要したとのことです。

 ここには、ルイ9世が葬られているほか、アンリ4世の結婚式もこの教会で行われました。

  なかでも見どころは、14世紀の天文時計(L’horloge astronomique)。 この時計は、フランスで最も古い天文時計だそうです。今でも毎日、12時、14時、15時そして16時になると綺麗な音色とともに動き出します。

 ガイドさんがちょうど良い時間に連れてきてくれたので、私たちも天文時計が動くのを見ることができました。AUTOMATE(自動人形)が次々に音楽とともに出てきて、とっても可愛らしい。この時計は、もう600年以上にわたって時を刻み続けているのですね。時計 ちょっと感動です。ぴかぴか(新しい)

lyon 049.JPG


lyon 050.JPG


 
 音譜こちらもよろしくね。音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126343214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック