アペリティフの時間

 午後遅い時間、夕方の六時頃から、パリのカフェのテラスはアペリティフを楽しむ人でいっぱいになります。
 
 10月になって、日はかなり短くなってきたけれど、パリジャンたちは、仕事が終わった後の夕食前のゆったりとした時間を、恋人と、そして気の合う友人たちと、カフェの外のテラスで過ごすのが大好きです。

 パリ郊外、ブローニュ市のカフェのテラス。すぐ近くのアルベール・カーン美術館の庭園を散歩した後、ここのテラスでのんびりするのは、とっても気持ちいいです。

cafe jaen baptiste (2).JPG


 この日は、9月の第3週末のヨーロッパ文化遺産の日(JOURNEES EUROPEENNES DU PATRIMOINE)。アルベール・カーン美術館のフランス式庭園や、有名な日本庭園を、フランス人のガイドさんの説明を聞きながら歩いた後なので、なんだかフランス語の授業の後のような脳の疲れが。。。そんなときは、やっぱりビール。ビール アペリティフの時間帯にアルコールを注文すると、たいていのカフェでは、オリーブやナッツなどのおつまみをサービスしてくれます。

aperitif.JPG


cafe jaen baptiste.JPG


Brasserie Jean-Baptiste
1, Rond-Point Rhin et Danube
92100 Boulogne-Billancourt


 音譜こちらもよろしくね。音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130259483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック