ガレット・デ・ロワ「la galette des Rois」

la galette des Rois.JPG

 
 御公現祭の祝日の日(1月6日または1月2日以降の最初の日曜日)に食べるお菓子「ガレット・デ・ロワ(王様のガレット)」。

 フランスでは、家族や親戚の人たちと一緒にこのお菓子を食べるときに、その中で一番年下の人がテーブルの下にもぐって、そのテーブルにいる人の名前を呼んでいきます。テーブルの上で切り分けられたガレットは、名前を呼ばれた順に配られ、みんなで一斉に食べ始めて、自分のガレットの中から陶器の人形(フェーブ)が出てきた人がその日の王様になれるのです。

 この「ガレット・デ・ロワ」は、1月の初旬からフランス中のパン屋さんやお菓子屋さんで売り出されます。紙製の王冠もついていて、子供たちだけでなくもうずいぶん前に大人になった私たちもなんだがうきうきした気分になってしまいます。

 こちらは、今までに集めた「陶器の人形(フェーブ)」たち。

feve.JPG



 音譜こちらもよろしくね。音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック