2010年08月28日

Les Deux Abeilles

 パリが大好きな女の子たちには、もうお馴染みの、緑のテントにミツバチのマークがかわいい、サロン・ド・テ、「レ・ドゥ・ザベイユ(Les Deux Abeilles)」。ハチハチ

 田舎町にあるイギリスの一軒家の雰囲気で、オーナーのお母さんと娘さんが、毎日、手作りの素朴なお菓子を作っています。

 場所は、アルマ橋から少し南へ下ったところ、ケ・ブランリー美術館(Musée du quai Branly )の裏通りの閑静な住宅街の中。

 ランチタイムは美味しいランチと紅茶で寛ぐパリのマダムたちであっという間にいっぱいになってしまいます。なので、絶対、予約したほうがよいです。


 この日、私が注文したのは、メイン(plat)・デザート(dessert)・飲物 (boisson)がセットになった
「La Formule de Deux Abeilles(19,8ユーロ)」
les deux abeilles (2).jpg



 飲み物はショウガ入りレモネードを選びました。
 粗くすりおろしたショウガがたっぷり。
 ちょっとくらいの風邪気味のときでも、これで良くなりそう。
 お家でも作ってみたいです。
les deux abeilles.jpg


 メインにレンズ豆のサラダをチョイス。
les deux abeilles (4).jpg


 デザートのアプリコットのタルト。
les deux abeilles (5).jpg


 エレガントな花柄の壁紙が貼られた店内。

 ここは、絶対、彼と一緒とかでなくて、女の子同士でまったりと楽しみたい、そんな雰囲気の場所です。


les deux abeilles
189, rue de l'université
75007 Paris
Tel : 01 45 55 64 04
Du Lundi au Samedi de 09:00 à 19:00.
Fermé le Dimanche.

こちらは、すぐ近くのケ・ブランリー美術館のオフィシャルサイトです。(フランス語)
http://www.quaibranly.fr/


 音譜こちらもよろしくね。音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 
posted by ミカリュス・ブルガリス at 23:29 | パリ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリのカフェ&サロン・ド・テ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160395975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
paris, la vie dans une belle maison.jpg
 パリの素敵な一軒家に住むパリジャンたちの暮らし。カラフルな子ども部屋、フレンチシックなインテリア…パリのエスプリがたくさん。ぴかぴか(新しい) パリ、素敵な一軒家の暮らし