RESTAURANT DE LA POSTE "CHEZ ROBERT"

chez Robert Boulogne 025.jpg


 パリ市内から、メトロで簡単に行けるブローニュ・ビーヤンクール市。大きなマルシェや、ショッピング・アーケードなど商業施設も充実していて、広めの新しいアパートもパリに比べると見つけやすいので、住宅地としてとても人気のあるところです。 

 また、この街には、多くの企業があるので、中心のマルセル・サンバ周辺のレストランやビストロは、ランチタイムには、働くビジネスマンでいっぱいになります。

 パリでは、ランチタイムのレストランは、観光客、地元のマダム、家族連れなどが入り混じっていることが多いですが、お昼時のブローニュは、スーツを着たビジネスマンや家庭と仕事を両立しながら頑張っているワーキングウーマンたちで、賑わいます。

 閑静な住宅地とビジネス街のふたつの顔を持つこの街で、久しぶりにかなりツボにはまるランチスポットを見つけてしまいました。ナイフとフォークぴかぴか(新しい)
 


 このレストラン、ランチタイムのみの営業で、夜はバーだけとなります。また、メニューもほとんど決まっていて、それほど多くの種類のお料理が食べれるわけではありません。

 しかし、いつもすごく混んでいるのです。

 基本的にお昼のセットメニュー13.5ユーロのみ。

 でも、このセットメニューがとても充実しているのです。



 まず、テーブルにつくと、アペリティフは何がいい?ってお姉さんがすぐに飛んできてくれます。

 ビジネスランチで、素早く食べて帰る人が多いので、J'arrive.(今行くから~)と言いながら、注文すらなかなか取りに来てくれないパリのビストロに慣れてる私には、とっても新鮮。何か日本的なサービスを感じます。

 とりあえず、キールを注文。バー
 
 でもでも、まだ、メニューも見てないし~。ここのキール、いくらくらいするのかな、高かったらいやだな。って思っていたら、なんと、アペリティフもランチセットに含まれてるとのこと。


 ロゼ色の液体が、アペリティフのキール。
 キールの入ったグラスとともに、どんと置かれたのが、一緒に写っている赤ワインのフルボトル。
chez Robert Boulogne 012.jpg



 そして、間髪入れずに、アントレのお米のサラダが、運ばれてきました。
 この間、約2秒。時計
 ますます、日本的時間差攻撃に感激!

chez Robert Boulogne 007.jpg



 パンもたっぷり、もちろん食べ放題です。食パン

chez Robert Boulogne 008.jpg


 
 アペリティフのキールをいただきながら、写真撮影。カメラ

 この写真は、お店の奥の部屋。手前のバーカウンターのある部屋は、お昼の12時の時点で、すでに満員で、私たちはここに。まだ、他にお客さんがいなかったので、奥の部屋だけですが、壁のミッキーの絵など、あちこち撮影してみました。

chez Robert Boulogne 009.jpgchez Robert Boulogne 010.jpgchez Robert Boulogne 013.jpg
chez Robert Boulogne 011.jpgchez Robert Boulogne 015.jpgchez Robert Boulogne 016.jpgchez Robert Boulogne 017.jpg


 写真撮影をしていると、メインのステーキタルタルがやってきました~。

chez Robert Boulogne 018.jpg


 ここのステーキタルタル、ちょっとオリジナルで、新鮮な生のお肉の上にタルタルソースがたっぷり。従来のトラディショナルなステーキタルタルとは違うけれど、お肉の新鮮さは格別です。


 もうちょっとアップで撮ってみました!

chez Robert Boulogne 019.jpg



 こちらは、一緒に行った彼が食べた、もうひとつのプラ(メイン)の、アンドゥイユ(andouille)。
これも、たっぷりのポテトがついていて、なかなか美味しそうです。
chez Robert Boulogne 020.jpg



 もちろん、フルボトルの赤ワインもたっぷりいただきながら。ワイン

chez Robert Boulogne 021.jpg



 そして、デザートの時間。

 彼が選んだのは、ティラミス。
chez Robert Boulogne 022.jpg



 私は、これ、パリ・ブレスト。
 これも、本来のトラディショナルなパリ・ブレストと形が違うようですが、それが何というのでしょう。
 これも、ランチセットに含まれているのです。
 お菓子の形になぞ、贅沢は言える身分ではありませぬ。
chez Robert Boulogne 023.jpg



 ここまで、しめて、13・5ユーロ。

 日本だったら、西新宿なんかのビジネス街で、夜の高級レストランがランチタイムに、ビジネスランチとしてお得な価格設定でお昼ご飯を提供していたりしますが、外食が高いフランスでは、なかなかヒットのランチでした。合格

 しかも、同じパリでも、パリの西部、そしてブローニュは、洒落たビストロはあっても、お値段もそれなりなので、週に1回は、ここで食べるっていうビジネスマンが多いっていうのも、非常に納得だったのでした。


 ワインをいっぱい飲んだので、食後にコーヒー(1.5ユーロ)を頼みました。コーヒー

chez Robert Boulogne 024.jpg


 
 しめて、おひとりさま15ユーロで、美味しいフレンチをフルコースで堪能したのでありました。



2 rue Rouget de Lisle
92100 BOULOGNE BILLANCOURT
Téléphone : 01 46 21 32 07


いつかパリに住んでみたいあなた!
パリ住人たちの普段の暮らしがいっぱい。音譜
    バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック