カルティエ現代美術財団の裏庭-Fondation Cartier pour l'art contemporain

 パリ14区・ラスパイユ通り(boulevard Raspail)、メトロRaspailとDenfert-Rochereauのちょうど真ん中くらいに、カルティエ現代美術財団「Fondation Cartier pour l'art contemporain」はあります。

 1994年に、建築家「Jean Nouvel」によって設計された、ひときわ目を引くガラス張りの建物は、建築当時から話題を呼んでいましたが、なかなか訪れる機会がないままでした。

 先日、カルティエ現代美術財団で開催されていたビートたけし/北野武氏の「Gosse de peintre-絵描き小僧」展を見学した後、裏庭にまわって、少しのんびりしてきました。


 ラスパイユ通りの喧騒とは打って変わって、木々の緑がうれしい静かな裏庭です。
beat takeshi kitano fondation Cartier (21).jpg


 庭には、テーブルといすが用意されていて、ゆっくり寛ぐことができます。
beat takeshi kitano fondation Cartier (25).jpg


 ビートたけし/北野武氏の「Gosse de peintre-絵描き小僧」展が開催中だったので、日本のお菓子などが買えるキヨスクもありました。
beat takeshi kitano fondation Cartier (22).jpg


 懐かしい日本のお菓子がいっぱい。
beat takeshi kitano fondation Cartier (23).jpg


 「さくさくぱんだ」も。
beat takeshi kitano fondation Cartier (24).jpg


 日本のジュースを買って、芝生でのんびりしてきました。
 パリで、日本のジュースを飲むと、すごーく贅沢な気分クラッカーになるのは、私だけ?
beat takeshi kitano fondation Cartier (27).jpg



<前回の記事>
カルティエ現代美術財団・北野武/ビートたけし『Gosse de peintre-絵描き小僧』展


いつかパリに住んでみたいあなたへ。
パリ住人たちの普段の暮らしがいっぱいです。音譜
    バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


 音譜こちらもよろしくね。音譜


ブルターニュ出身のグランヌヌスとミカリュスとの恋の物語
フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 



この記事へのコメント

  • たっちゃん

    おはようございます、
    ブログ村かおじゃましました。
    秋に入り緑が美しい景色に変わりますね。ポチ。
    2010年09月15日 09:01
  • 管理人

    たっちゃんさま。
    コメントありがとうございました。
    ブログにもお邪魔させていただきました。
    パリは、今日は、朝から雨です。
    雨に濡れた木々も、瑞々しくて美しいです。
    2010年09月15日 15:58

この記事へのトラックバック