海の男たちの街『サンマロ(St-Malo)』



サンマロは、フランス最大の港として栄えたブルターニュの港町。

17世紀には、海賊の拠点でもありました。


4月の末から5月の初めにかけて訪れたサンマロ。
残念ながら、初日は、こんな感じで、曇っていました。

IMG_5024.JPG


IMG_5026.JPG


IMG_5027.JPG


IMG_5028.JPG


IMG_5029.JPG


IMG_5030.JPG


IMG_5031.JPG



写真は全て、城壁の外側です。
私たちは、観光に便利なように、城壁の内側のホテルに泊まりました。




こちらは、篠沢教授の書いたブルターニュへの愛が溢れた本です。

ぶるぶるぶる ブルターニュ大好き―森と海の国


内容(「BOOK」データベースより)
人を愛し、自然を愛し、地方を愛する―著者がツアー・リーダーとなって巡る、トコトン、ブルターニュの魅力を味わう旅。ナントからドゥーアルヌネまで、24の地の取って置き・エピソード。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
篠沢 秀夫
1933(昭和8)年、東京生まれ。中学高校時代アテネ・フランセでフランス語を修得。学習院大学文学部卒。東京大学大学院修士課程を修了後、フランス政府給費留学生試験首席合格。パリ大学留学。明治大学助教授、教授を経て、73年より学習院大学文学部教授。専攻はフランス文学、文体学。77年より11年間テレビ「クイズダービー」に出演、人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(以上、アマゾンの紹介文より)




ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci
音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ









 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜

フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック