サン・ジェルマン・アン・レー城


パリから高速郊外鉄道(RER)で約20分。

サン・ジェルマン・アン・レー(St-Germain-en-Laye)へ行ってきました。


こちらは、駅前にある、ルネッサンス様式のサン・ジェルマン・アン・レー城。

復元により、16世紀のフランソワ1世の時代から、変わらない外観が保たれています。

IMG_6023.JPG


IMG_6025.JPG



内部は、国立考古学博物館(Musée des Antiquités Nationales)となっており、石器から青銅器、鉄器まで、遠い昔、フランスがまだガリアと呼ばれていたころの日常の品々が展示されています。

IMG_6022.JPG




フランス旅行に欠かせないのが、お城巡りと教会巡り。

歴史の息づく建造物に出会うたびに、もっと深くその時代の生活を知りたくなります。


ヨーロッパの古城―城郭の発達とフランスの城 (世界の城郭)


内容(「BOOK」データベースより)
著者自ら撮影した写真と多くの資料を基に、ヨーロッパの古城のもと魅力を残らず紹介する。前編では古代エジプト、オリエント諸国、ギリシア、ローマ帝国に至る発達史を概説し、後編ではフランスの古城を取り上げる。
(アマゾンの紹介文より)




ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci
音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜

フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック