パリの星付きレストラン シャンゼリゼ 『Akrame』


少し前のことですが、バレンタインのプレゼントということで、ミシュランの星付きレストランに行ってきました。


シャンゼリゼの凱旋門からほど近い場所にある『Akrame(アクラム)』というレストランです。

パリのシャンゼリゼといっても、道を何本か入ったところにあるので、繁華街の喧噪とは離れた静かな場所にあります。



まずは、お店の雰囲気から。

IMG_8894.jpg


広くないこじんまりした店内です。



お店のサービスということで、シャンパンが出てきました。

(ラッキー☆)


IMG_8893.jpg








最初の『ミーズアンブーシュ:Mise en bouche』。


Mise en boucheとは、フランス語で、ディナーの一番最初に、アペリティフの飲み物と一緒に出てくるカナペなどのことです。

ちなみに、フランス語での説明は、ウィキペディアによると、以下のようになっています。

La mise en bouche désigne l'ensemble des mets (canapés, zakouski, biscuits salés, etc.) qui accompagnent l'apéritif, en début de repas.


ちなみに、ここ、Akrameでは、Picorer (ピコレ:鳥などがついばむという意味、人の場合は、ちょこっとつまみ食いをするというような意味です。)という言葉がメニューに使われていました。


左から、ポップコーンのパルメザンがけ、ラルド・ディ・コロンナータ(イタリア・トスカーナ産生ハム)添えブリオッシュ、アンチョビ入り瓦型クッキー(チュイール)。
(Parmesan, Pop corn, Lard de Colonatta, Brioche, Tuile, Anchois)


IMG_8900.jpg



そして、お抹茶のようなコレは、なんとポロネギのスープ。

アクセントにプラリネと抹茶が入っています。



ポロネギのスープ、プラリネと抹茶風味
(Poireaux, Praline, The Maccha)

IMG_8901.jpg




それから

蟹のアンディーブ包み コーヒーとレグリス(Réglisse: フランスの薬草)のソース添え
(Crabe, Endive, Cafe, Reglisse)


IMG_8903.jpg




かなり前からの傾向ですが、パリの流行のレストランって、抹茶とかワカメとか、日本の食材を取り入れているところが多いです。


日本人としては、嬉しいものですね。





ナイフを入れたところです。

IMG_8902.jpg







メインのお魚料理にいきます。


鱈のレンズ豆と海藻添え
(Cabillaud, lentilles, Algues)

IMG_8904.jpg




そして、お魚料理とお肉料理の間に出てくる、シャーベット。

エストラゴンのソルベ、シャルトルーズがけ
(Sorbet estragon, Chartreuse)

少し、食べかけてしまいました。

akrame 4.jpg



シャルトルーズというのは、修道院で作られるリキュールの一種だそうです。




そして、こちらが、メインのお肉料理。

子牛の胸腺、パースニップとトウシキミ添え
(Ris de veau, Panais, Badiane)

パースニップとは、欧州原産のセリ科の1年草で、根は食用に使われるそうです。
トウシキミは、モクレン科の常緑小高木で、実からアニス酒、葉からは抹香が作られるそうです。

IMG_8906.jpg





そしていよいよデザートです。




この黒い石炭みたいなのは、

パイナップルの竹炭火焼、キャラメルアイスクリーム添え
(Ananas fumé au charbon de bambou, glace caramel charbon)

IMG_8907.jpg




レグリスのクリーム、ヨーグルトシャーベット、ミルクキャラメルのクルート
(Creme reglisse, Sorbet yaourt, Croûte de caramel de lait)

IMG_8908.jpg



上の写真の黒っぽいところてんみたいなものは、味も食感も日本のところてんとそっくりでした。



デザートはワインとではなくて、ビールと一緒にいただきます。
写真に写っているのは、ワインではなくてビールなのです。



チョコレートいろいろ
(Tout chocolat)

IMG_8909.jpg



タブレットのチョコレートはお持ち帰り用のお土産です。


IMG_8910.jpg




私たちは、その場でも、ちょっと味見しちゃいましたけど。




食事中の飲み物は、何種類かのワインがお料理に合わせて運ばれてきました。

最後には、デザートに合うビールが出てきたのがとても新鮮でした。



お料理を味わうのに、必死だったので、ワインの写真もコメントもなしです。

ごめんなさい。



ちなみにメニューの日本語は、私が勝手につけました。



『Restaurant Akrame』は、私たちが行ったときには、すでに1つ星から2つ星に格上げされるという噂があったのですが、その後、正式に2つ星に昇格したそうです。



Restaurant Akrame
19 rue Lauriston
75016 Paris
tél: 01 40 67 11 16





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック