庭もベランダもなくてもお家でハーブガーデン


パリ7区に住みはじめてから、フランス生活、早10年目。

その間に、引越したアパート数軒。

パリのアパートには、ちゃんとしたベランダがついていないところばかりで、あっても、植木をちょっとおける(かもしれない)窓際の柵くらい。

一度だけ、バルコン付のアパートに住んだことがあって、夕暮れ時にバルコンでアペロしたり、植木鉢をいっぱい並べたり、小さいながら、めいいっぱい利用していました。


去年、快適な住環境をもとめて、少しパリ郊外に出ることに決めたときの絶対条件が、バスタブとシャワーが別々にバスルームにあること(バスタブにお湯をためておいて、シャワーを日本式洗い場として使い、その後、素早く、清潔なお風呂につかる。という日本人としては普通のお風呂の使い方ができること)、お湯が使い放題、そして、庭かテラスか広めのバルコニーがあることでした。

他にも条件は箇条書きでいろいろあったのですが、今回は、ハーブガーデンの話題なので、詳しくは、アパートネタのときに書きます。



結局、半年〜1年ほど(その間、休憩期間もあったけれど)、ほぼ毎週末、アパート巡りに費やし、最後にやっと気に入ったのは、最初の諸々の条件とかなり離れているところ。


庭もテラスもベランダもありません。


でも、なんだか、すごくフォーリンラブ♡だったのです。


シャルム(charme=魅力)ぴかぴか(新しい)があるというか、もう恋に落ちてしまい、あばたもえくぼ状態で、なにがなんでもここに住みたいと思ったのです。


そして、その恋はいまでも続いています。ムード



お庭がなくても、ベランダがなくても、お家にハーブガーデンだって作っちゃいました。



買ってきたばかりの鉢植えをサロンの隅っこに並べてみました。

ミントとローズマリー、セルフィーユなど、お料理やお茶、そしてモヒートなんかに使いまくれそうなハーブたち。
室内ハーブガーデン.jpg





今は、ローリエやタイムなども増えました。


このコは、ラベンダーの一種で、グロッソ・ラベンダーというそうです。

ラベンダー.jpg




このサロンの隅っこは、直射日光が当たらないので、朝は、朝日が当たるキッチンの窓際に、午後からは西日が当たるサロンの真ん中くらいに、移動させてあげています。


なんだか、ペットを飼っているみたいな気分で、旅行へ行く時とか、とってもこのコたちがとっても心配になりそうです。




ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック