リスボンの丘の上のバー『LOST IN』


宿泊していたリスボンのアパートメントを担当してくれたアレックスさん(彼がオーナーなのかな。きっと)にお勧めのバーを聞いたら、教えてくれたのがこの丘の上のバー『LOST IN』と、同じくBairro Alto地区の高台にあるバー『Pavilhao Chines Bar』です。



私たちが行ったのは春先だったので、少し肌寒かったけれど、お天気が良かったので評判の外のテラスでゆったりと過ごすことができました。


眺めの良いテラスには、たくさんのソファが椅子が置いてあり、特に天蓋付の2人掛けのソファはカップルにぴったり。

肌寒いときのための毛布やクッションも置いてあり、まるで自分の家のテラスで寛いでいるような気分になります。

お客さんは国際的で、現地語のポルトガル語はあまり聞こえてこず、店員さんも慣れているようで英語でオーダーをとってくれました。


私たちの座った天蓋付のソファの少し向こうにも、同じようなソファがあり、ゲイのカップルが英語でずっと仲睦まじく話していました。

ちなみにリスボンのほとんどの場所でフランス語が通じました。
リスボンっ子も英語よりフランス語が得意な人が多いのか、フランス語で話しだすと英語のときより生き生きしてるようでした。



残念なので、すごく良い雰囲気だったのに、iPhoneのカメラしか持ってきていなくて、キレイに写真が撮れなかったことです。

なので、ちょっと見にくいですが、後で露出を調整した写真です。

lost in 1.jpg


LOST IN リスボン.jpg


LOST IN リスボン2.jpg




色が変に写っていますが、注文したサングリア。
たっぷり入っていて、お手頃価格だったと思います。

LOST IN リスボン4.jpg





パリよりずっと人が温かくてサービスもいいリスボンにフォーリンラブ♡な私は、近いうちにまたリスボン旅行がしたいと思っているのですが、そのときはこのバーにもう一度行ってみたいと思っています。




Lost In
Rua D.Pedro V, Nº 56
Príncipe Real
1250-094 Lisbon

Phone: + 351 917 759 282
Email: lostin.esplanada@gmail.com

Hours:
Monday – 16:00 to 24:00
Tuesday to Saturday – 12:30 to 24:00











にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ



音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


この記事へのコメント