調理用バナナのプランテインを買ってみました



アフリカやアンデス地方などの赤道地帯で、主食として年間を通じて食べられているプランテインというバナナ。

パリのマルシェで偶然みかけたので、買ってみました。




53AF447A-B9BC-45DF-921F-64E756EC2237.jpg




けっこう固くて皮を剥くというより、包丁で切り落とすという感じで中身を出して

フライパンで蒸し焼きにしてみました。

青いまま調理したからか、甘味がほとんどないので、お砂糖とシナモンをかけて、蒸したプランテインをバターでソテーしてみました。

ちょうどいちじくのジャムが冷蔵庫にあったので、それも添えて食べてみました。

普通のバナナに比べてかなり大きくて、繊維がすごく詰まってるという感じで、一切れ食べてだけでお腹がいっぱいになりました。


なるほど、暑い地域で、食料危機を乗り切るために食べられているだけあります。

これがあれば、お腹がすいて飢え死にすることはないでしょう。


お味は、ジャガイモのようなサツマイモのような、フルーツというより芋という感じです。

2本買って、2本目は林檎と一緒においておいて、熟して甘くなるのを待っていましたが、どのタイミングで食べたらいいのかよくわからず、早めに調理してしまったら、やっぱりお味は芋でした。


今度見つけたら、皮が黄色くなるまでしっかり置いておいて、違いを確かめてみたいと思います。











にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ



音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


この記事へのコメント