フランスではサラサラヘアはモテるのか


フランスに住んでもう10年以上になりますが、私はかなり手強いくせ毛なので、最初の7年間くらいは、半年に一回は日本に帰国して、日本でストレートパーマ(縮毛矯正)をして、ツヤツヤさらさらヘアを保っていました。

フランスでもできないことはないのですが、東京のいつも通っていたヘアサロンに絶大な信頼をおいていた私は、他では絶対私のひどいくせ毛は扱えないと思い込んで、頑に日本に帰り続けていたのです。

それが、あるきっかけで、フランスのブランドのストレートアイロンを使ってから、縮毛矯正なしでだいじょうぶだということがわかりました。

ストレートアイロンは、日本で使ったことがあったのですが、全然しっかりストレートにならなくて、くせ毛の人が伸ばすためのものというよりも、もともとストレートの人が寝癖を取りたいときに使うものなのかなという印象しかなかったので、全く信用していなかったのですが、いつの間にかこういった電化製品の技術も格段に進歩していたようです。


パリは乾燥しているので、日本のように朝しっかりスタイリングしていっても、学校や職場に着く頃には、湿気でまた生え際あたりから癖がでてくるというようなこともなく、ストレートアイロンだけでサラサラ感が一日続くことに大感激。

以来、完全にストレートパーマをやめて、今は、バージンヘア(パーマもカラーもしていない髪)で過ごしています。




ただ、問題が。。。。


ストレートパーマ(縮毛矯正)をやめた今、日本帰国時に、愛用のフランス製のストレートアイロンを電圧の関係で使うことができず、また、湿気の多い日本では、たとえどんなに時間をかけてブローをしても、外出したとたん髪が爆発するという若き乙女の頃のくせ毛の悩みが復活したのです。


そして、日本に逆留学中の息子(彼もくせ毛)が、梅雨時に髪が爆発するのでストレートパーマをしたいと言い出しました。


私も思春期の頃、プールの授業のあとなど、髪が乾くとともにもじゃもじゃヘアになってしまって、同じように濡れた髪がサラッと乾いていく他の女子が羨ましいとずっと思っていたので、息子の気持ちがわかるのです。



それで、フランスで使っているのと同じブランドのものの日本仕様のものはないかしらと探して見つけたのコレ。







私の使っているブランドとは違うのですが、使っている素材、温度設定などがほぼ同じだったのと、値段の安さとレビューの良さを見て、まずはお試しに買ってみようと思います。

また、海外対応製品とのことなので、今のフランス製のものより良かったら、息子のものとは別にもうひとつ購入して、フランスに持って帰って使おうと思います。


レビューではみんな縮毛矯正なしでもすごく伸びてサラサラになるって言ってるけれど、日本の湿気の多い気候でも本当にそうなのか、もうすぐ日本に一時帰国するので使ってみるのがとても楽しみです。



息子の髪もこれでサラサラになるといいな。
でも男の子のショートヘアにアイロンかけるのってかなりのテクニックがいりそうですよね。


火傷しなければいいけれど。




最後に表題の「フランスでサラサラヘアはモテるのか」ですが、日本人の豊かな黒髪はかなり羨ましがられます。

サラサラであるかというよりも、量がたっぷり多いと、特にフランス女性から、いいね、素敵、触らせてと言われることが多いです。

フランス女性も年齢を重ねるにつれて、髪がやせてくる人が多いのでそれもあるかもしれません。

髪の厚みのある日本人から見ると、くしゃっとシニョンにしやすいフランス人女性の柔らかな髪質は、自然なカールがあっても広がることがなく、また色も明るいので軽くてナチュラルな雰囲気が羨ましいのですが、お互いないものねだりということでしょうか。


それから、フランス人男性の反応ですが、私が長かったストレートの髪(前述の通り、植毛矯正、その後はストレートアイロン使用)を切りたいといったときには、私の周りの男子全員に反対されました。


なぜその豊かな黒髪を切るのか、切ってしまっては君が君でなくなるとまで言われましたが、長くて重い髪の手入れに嫌気がさした私は、思い切ってショートにしてしまいました。


昔から、ショートだと髪の重みがない分、かえって癖がでてしまい収拾がつかなくなると思い込んでいましたが、パリの乾燥した気候だと、そうでもなく、シャンプーしてもすぐ乾くし、ストレートアイロンするのも髪の量が減って意外と楽で、もうあのロングヘアには戻れそうにありません。


最後に、日本ではほとんどの女性が髪を明るく染めていますが、フランス人男性からみると、非常にもったいないとのことです。

フランス育ちの息子も、日本に行って一番がっかりだったことが、街で見かける日本女子がほぼ全員、髪を染めてることだそうです。

黒髪の子を見つけるのが難しく過ぎる、ほとんどいないとぼやいていました。










にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ



音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


この記事へのコメント