簡単ランチや軽食にぴったり - フーガス(Fougasse)


フーガス(Fougasse)といえば、表面にナイフで切れ目を入れた葉っぱの形のパンを思い浮かべる方が多いと思いますが、フランスのパリ近郊のパン屋さんでは、バゲット型の細長いタイプをフーガス(Fougasse)が、小さなピザやクロワッサンなどの菓子パンと一緒に並んでいるのをよく見かけます。




こちらは、パリ郊外のサン・ジェルマン・アン・レイのパン屋さんで購入した、エメンタールとラルドンのフーガスです。


3A734E3B-FECE-4C95-9295-895C06C1F2D4.jpg




そのまま食べても美味しいですが、オーブンで少し温めるとさらに美味しくいただけます。



フーガスの具は、主にエメンタールやシェーブルなどのフロマージュとラルドンと呼ばれる細切りにした棒状の豚の背脂、オリーブやアンチョビなどです。


サラダやスープと一緒に食べると、美味しくて手軽なランチになります。






style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="9544933714">





にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


パリ ブログランキングへ