忘れられたパサージュ - Passage du Bourg-l'Abbé


パリ2区にある『Passage du Bourg-l'Abbé』。

19世紀初頭(1828年)からあるパリの古いパッサージュですが、長い間リノべーションされず、ひっそりと忘れ去られたようにパリの喧騒の中に隠れています。


D83A322C-ED8C-4FCF-9AC2-81ADF7E2A1DC.jpg



静かなパサージュ。

少しずつですが、リノベーションが始まっているようが、営業しているブティックはほんの少しです。


01698620-2639-4CE5-B910-238BA01EC89E.jpg


47947095-C59C-46CB-942F-D6DC0722327E.jpg



こちらは、パリの最後の家具職人(le dernier ébéniste du centre de Paris)と称されているIvan Lulli氏のアトリエ。

Ivan Lulliさん本人が働いている様子が見れます。


FBC9D1C5-5BC5-4F7E-9F69-DA8CD8DA11A7.jpg


D3CE4B4D-3AC3-4962-BBB3-8206B55D0C75.jpg




伝統的な手法で家具を作り続けるIvan Lulliさん。







Arrondissement2e
Début120 rue Saint-Denis
Fin3 rue de Palestro




古き良き時代を彷彿とさせるパリのパサージュ。

そこにいるだけで、時空を超えてタイムスリップしたみたいな感覚になる場所です。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル