生肉が生々しいフランスの『ステーキ・タルタル』シャンティイのレストランにて

こちらの続きです。

シャンティイ駅

シャンティイ城にて

シャンティイ城の庭園

シャンティイ城の白鳥たち

元祖クレーム・シャンティイを食べてみた





レ・アール駅から50分ほどRERのD線に乗ってシャンティイ城のある郊外の街へ日帰り旅行に行ってきました。

パリ北駅からSNCF(フランス国鉄)に乗ると20分くらいで行くこともできます。

私たちは行きはレ・アール駅からRERのD線で、帰りはSNCF(フランス国鉄)で帰ってきました。



こんなにパリから近いのですが、シャンティイ(Chantilly)はイル・ド・フランスではなくて、フランス、オー・ド・フランス地域圏、オワーズ県のコミューンに属しています。




初めての街に行くと、地元のレストランに行くのが楽しみのひとつでもあります。


偶然見つけた通りから奥まったところにあるこちらのレストランに入ってみました。


22C63170-4A7A-4C9B-863C-C8DF5E4F9F5C.jpg




外のテラスが良かったのですが、太陽が当たっている場所は満席で日陰しか空いていなかったので中で食べることにしました。

6FB1C18E-7EC6-410C-9C62-4463DD4D5575.jpg




シンプルな店内です。

662073F0-E1E9-4075-A376-2EC411AA4FD0.jpg






ステーキタルタルを注文しました。

EFC63B4B-6C0A-42CC-B450-F081A57118C8.jpg




いつもは厨房で全部混ぜてから持ってきてもらうことが多いのですが、今回は自分で混ぜ混ぜするようです。

フランスではレストランによっては、おまかせの味付けで出来上がったものをお願いするか、自分で好きに混ぜて作るかを聞いてくれる場合があります。



フランス人は自分で混ぜるのが好きな人が多いようです。




こんなふうに、生の挽肉がばーんと生卵と一緒に出てくると、ちょっと引いてしまいます。

生肉に慣れていない日本人は食べれない人も多いと思います。

私も最初は絶対無理でした。

7313EEAD-5667-4ADE-9368-AA7C9477FE08.jpg




ケイパーやピクルス、エシャロットなどと混ぜます。

24624405-2625-4F79-B730-04E43FAAB499.jpg




テーブルには塩コショウやマスタード、ウスターソースなど調味料もおいてあるので、好きなように味付けして混ぜます。


こんな感じになったら、生肉感が減って、ちょっとマグロのトロっぽい感じになります。

4CFABB1B-B41F-467A-B794-4729C05F99DE.jpg





フランスでステーキタルタルの付け合わせの定番は、ジャガイモを揚げたフリットなのですが、この日は特別にグラタン・ドフィノワ(Gratin Douphinois)もあるよとのことだったのでそちらをチョイスしてみました。

FD231823-07EB-4642-B388-A609DC69DB0F.jpg






こちらはペリゴール地方のサラダ(Salade périgourdine)。

フォアグラと砂肝がたっぷりのこのサラダは、ボリュームたっぷりで一品でお腹がいっぱいになるのでパリのカフェでのランチタイムでも大人気です。


AF453FD4-2209-4D8C-9187-34E84675FA67.jpg





飲み物はロゼワインをカラフでお願いしました。

0D16DF07-EDEB-41B6-98FE-C379C96C2F6E.jpg






いつもと違う場所で過ごす休日は、日帰りでもちょっぴり旅行気分を味わえてリフレッシュできるのがいいですね。






サラダもステーキタルタルも美味しかったですが、店長さんとお話したところ、彼はブルターニュ出身でこちらのレストランのスペシャリテはガレットとクレープだそうです。



La Cour Pavée

136 Rue du Connétable
60500 Chantilly
France




ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル