ジビエにぴったり、重くて濃いカオール

先日、こちらでご紹介したワインフェアで見つけたカオールが気にいって6本入りのケースで再度購入したのですが、あっという間に飲み尽くしてしまったので、タンニンの滑らかな飲みやすいカオールはないかなと、いろいろ物色しています。

カオールとボーフォール



いろいろ買ってみたけれど、いまいちのものも多く、カオールって難しいのねと思い、近所のワインショップ『ニコラ』のスペシャリストのおじさんに選んでもらいました。



しっかりしたのが飲みたいねということで、こちらのジャン・リュック・バルデ(Jean-Luc BALDES)のClos Triguedinaの2013年。

31BC94B1-63E1-416B-9B77-80819F8EF7BF.jpg





バルデ家ではなんと1830年からワイン造りをしているのだそうで、8世代に渡ってカオールワインを作り続けているそうです。


さすが、200年近くに渡る年季を感じる味わいです。

この濃い色だけですでに酔っ払いそうです。

21AC759E-95C6-4932-BBF0-2B7485BF9D46.jpg




これは、ジビエと一緒じゃないと重すぎます。

しかも、この日はジビエ料理ではなかったので、フロマージュと一緒にいただいのですが、ほんの少しで満足というか、ぐいぐい飲めるワインではなかったです。


7CD89792-FFBD-43C6-BC4D-C84F469882D5.jpg





昔だったらもっと飲めたのですが、最近、お酒に弱くなったなあと感じているので、ほどほどに雰囲気を味わいながら楽しんでいこうと思います。


そして、休肝日を作らないとと思っています。


理想は週末だけワインを少しいただくというのがいいかなと思っているのですが、それもなかなか難しく、平日はディナーと一緒にほんの少しだけ味わうようにしようと思っています。



ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル