パリのベルヴィルでフォーとボブンを食べる

パリに長く住んでいると、アジアの味が恋しくなります。

街中には中華のお惣菜屋さんなどもあるのですが、油の質の悪いところもあり、繊細な日本人の胃腸には合わないことも。


でもちゃんと探せば美味しいところもあるので、お気に入りが見つかると、ちょっとアジアごはんが食べたいときにとても便利だと思います。



🔗 貧乏学生の味方 - パリの中華屋さん





この週末はパリは真冬に逆戻りして、ずっと雪がちらついていました。

そんな中、ベルヴィルまで散歩に出かけたのですが、雨みたいな冷たい雪が吹雪いてきて、久しぶりに温かいフォーが食べたくなりました。



優しい味の温かいスープが冷えた体を温めてくれます。

パリのフォー.jpg





ベルヴィルの駅前で適当に入ったベトナムレストランです。

ベルヴィルのベトナム料理店.jpg




こちらはボブン。

パリのボブン.jpg



ロゼワインをカラフで。

ロゼワイン.jpg




メニューが写真入りなので選びやすかったです。

ベトナム料理メニュー1.jpg



ベトナム料理メニュー2.jpg






ちなみに、ボブン(BoBun)とは、ヴェトナムではブンボー(BunBo)と呼ばれているお料理で、ボー(Bo)とは麺、ブンBunとは牛を意味するのだそうです。


ヴェトナム料理といえばフォーも美味しくて大好きなのですが、ボブン(BoBun)もなかなか日本人好みのお味で、こってりしたフレンチに飽きたら、食べたくなる料理のひとつです。

フランスのボブンは米粉の麺に、もやし、にんじん、キュウリ、ミント、バジル、パクチー(コリアンダー)などの野菜やハーブとネムや牛肉などがのっています。

どんぶりの底には甘酸っぱいソースが溜まっているので、食べる前にしっかりかき混ぜるのがポイントです。


こちらは、5区のコントルスカルプ広場の近くにある『ボンジュール・ヴェトナム(Bonjour Vietnam)』に行ってみたときの記事です。


🔗 パリで一番美味しいらしいボブンを食べてみた『Bonjour Vietnam』




一応、レストランの住所を載せておきますが、お味は普通な感じだったので、ベルヴィルにはもっと美味しいところもあるはずなので、いろいろ試してお気に入りを見つけてくださいね。



Dong Huong
14 rue Louis Bonnet - 75011 Paris









ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ


音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル