パリ郊外のワインバーで


用があって、パリの西郊外の住宅地にあるワインバーに行ってきました。


ランチと一緒に少しだけワインを飲みたい私たち。

でも、メニューには、グラスワインとボトルワインしかありません。


お昼からボトルワインを飲むのもちょっとなぁ。
しかも、この後、仕事もあるし。。。


しかし、グラスワインでは物足りないし。。。


ピッチャーで、適当な量を頼めないかしらんとお店の人に聞いてみると、

『お店にあるボトルワインを選んで飲めばいいわよ。余ったら、持って帰ってもらうから。』

とのこと。



ずらーっと並んだワインの数々。

wine bar.jpg




ブルゴーニュの白を選びました。

vin blanc.jpg




「冷えてるのはないですかー?」

と叫ぶ私たちに、

「今から冷やすからだいじょうぶよー。」

と氷いっぱいのワインクーラーに入れてくれました。


vin blanc 2.jpg




そして、余ったワインは、きちんと栓をして、袋に入れて帰りに持たせてくれました。



お店の中には、日本のウィスキーもいろいろおいてありました。


whisky japonais.jpg




偶然入ったお店ですが、今度、近くにいくことがあれば、また行ってみようと思います。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

フレッシュミントたっぷり、太陽のカクテル「モヒート(mojito)」

ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci
音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



私が、パリのバーでカクテルを注文するときに、必ず、選ぶのが、新鮮なフレッシュミントたっぷりのコチラのカクテル。


アーネスト・ヘミングウェイが好んで飲んだことでも有名な、キューバのハバナが発祥の地のラムベースのカクテル『モヒート (mojito) 』。バー


image-20120328122837.png



モヒート(mojito) という名の由来は、アフリカの「軽い魔法かける」という意味のMOJOという言葉からきているそう。


レシピはバーによって微妙に違っていて、ちょっと甘めだったり、さっぱりしていたり、バー巡りをして、飲み比べしてみるのも楽しいかもしれません。

一般的には、グラスにラム酒とたっぷりのフレッシュミントの葉をいれて、ペストル(擦りこぎ棒)で、ミントの葉をつぶして、ミントの爽やかな香りがひろがってきたら、ライム(citron vert)と砂糖と氷を加えて、ソーダ水を注いてつくります。


私は、夏の暑い日の午後、時々、お家で作って、小さなベランダで飲んだりしています。


ミントの爽快さが、これからの季節にぴったりなカクテルです。


image-20120328122824.png



お家でも、作れるけれど、キューバの香りの『モヒート (mojito) 』は、やっぱりこんなバーのカウンターで飲みたいカクテルです。

image-20120324074703.png




<関連記事>

The Thistle Pub

スコットランドのビール「カレドニアン(CALEDONIAN)」











 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜

フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル




スコットランドのビール「CALEDONIAN」

先日、出かけたスコティッシュ・バーで、美味しいビールを発見。

大人になって、ビールもそれなりに好きにはなったけれど、暑い夏の、最初のひとくちは、美味しいけれど、あまり量は飲めない私。

(ワイン、日本酒なら、けっこういけます。キスマークぴかぴか(新しい)


私は、アイリッシュ・バーとか、スコットランド・バーなど、ブリティッシュなパブで、パリのカフェとは違う雰囲気(デコとか音楽とか、来ている人たち)を味わうのが好きなのですが、ビールはハーフパウントで、お腹がいっぱいになってしまうことが多いのです。


でも、このスコットランドのビール「カレドニアン(CALEDONIAN)」、とっても飲みやすくて、ごくごくいってしまいました。


思い切って1パウントを注文。
ハッピーアワーで5ユーロでした。

image-20120324074814.png


かなり濃い琥珀色。
味はとってもまろやかです。

image-20120324074906.png



泡のきめ細やかさに感動。

image-20120324074925.png



まるでスコットランドにいるような店内。
夜の10時くらいまでは、けっこうすいています。
ハッピーアワーは、平日の夜8時まで。


image-20120324075037.png



こちらは、「カレドニアン(CALEDONIAN)」のサイト(英語)。
http://www.caledonianbeer.com/80shillings.htm


バーの住所はこちらです。

The Thistle Pub
112, rue Saint Denis
72002
PARIS



こちらが、このバー(パブ)のオフィシャル・ホームページ(英語)です。

http://www.the-thistle.com/


<関連記事>

The Thistle Pub




ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci
音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ









 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜

フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル