中世の城壁都市「プロヴァン(Provins)」

 パリから日帰りで訪れることができる中世の城壁都市「プロヴァン(Provins)」。

 かつてプロヴァンはシャンパーニュ伯爵領の首都であり、9本の街道が交わる交通の要所だったこの街では、今でも、中世時代と変わらず、中世城壁都市をそのままに残した街並みが広がっています。

 2001年12月に、「中世市場都市プロヴァン(Provins, ville de foire médiéval)」としてユネスコ世界遺産に登録されたこの小さな美しい街へ、パリから日帰りで出かけてきました。


SNCF(フランス国鉄)の駅のホーム
Provins (112).jpg



可愛いプチ・トラン。
大人5.5ユーロ、子供(5歳~12歳まで)4ユーロで、一日乗り放題です。
オフィス・ツーリズムでパス・ヴィジット(Pass Visit)を購入した人は、割引価格になります。
Provins (51).jpg



街中のインテリアショップで
Provins (38).jpg


Provins (39).jpg



プロヴァンのせせらぎを泳ぐカルガモたち。
Provins (109).jpg


Provins (110).jpg



古いアパートの一階の看板。
LA BOSSE DES MATHSって何をするところなのでしょうか。
数学のスパルタ塾?
なんとなく気になって写真を撮ってみました。
Provins (108).jpg



一日、中世の街を堪能した後、ホームでパリ行きの電車を待ちます。
美しい夕焼けです。
Provins (113).jpg




 プロヴァン(Provins)への日帰り旅行については、こちらのブログにも書いています。子供連れでも楽しめるイベントがいっぱいなので、家族で過ごす休日に、出かけてみてはいかがでしょうか。


中世の街「Provins」で騎士伝説のスペクタクル

リチャード・ギアのランスロ(Lancelot)

中世の街「プロヴァン(Provins)」

セザールの塔(Tour César)Provins

プロヴァンの城壁「Les remparts de Provins」




中世の街「プロヴァン(Provins)」の秋 1

 パリの東駅から電車で1時間20分ほどの、中世の街「プロヴァン(Provins)」。

 パリの南東90キロメートルほどのところにあり、11世紀から13世紀にかけて、シャンパーニュ地方の中心として発展してきた街で、車がなくても電車で気軽に訪れることができます。

 また、街全体もこじんまりしていて、徒歩で十分あちこち見て回れるので、パリ在住のみなさまにも、旅行でパリに来ているひとにも、おススメの観光スポットです。


 10月の最終日曜日、パリから電車に乗って、日帰りで行ってきました。

 そのときの、秋の景色のおすそわけです。

Provins.jpg


Provins (4).jpg


Provins (5).jpg


Provins (6).jpg


Provins (17).jpg


Provins (20).jpg


Provins (21).jpg



 この街、毎年6月に催される中世祭り「Fête Médiévale de Provins」など、大人も子供も楽しめるイベントもいろいろ開催されているので、家族で訪れるのにもよい街です。


<関連記事>

中世の街「Provins」で騎士伝説のスペクタクル