クレタ島名物のお酒「ラキ」

クレタ島のお酒『ラキ(Raki)』。

葡萄の搾りかすを発酵させて作る蒸留酒です。

葡萄の香りがほんのりするとても度数の強いお酒(40度以上)で、消化を助けるということで、クレタ島では食後にふるまわれることが多いそうです。




クレタ島旅行のお土産に買って帰った蜂蜜入りの甘いラキ(Raki)。

C1F4E391-6A1D-4D1B-840D-DD7D8D1C1C68.jpg







薄めずにそのままぐいっと飲むのがクレタ流です。


普段、日本酒を飲んでいるヴェネツィアで買ったきたブルーのグラスで飲んでみました。

8262EB27-C152-472E-B7CD-6EDD42A42F2F.jpg



甘くてデザート酒としてもいけます。






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル
posted by ミカリュス・ブルガリス at 12:13パリ クレタ島

時を経ても美しい古代の装飾品。

アテネの国立考古学博物館に次ぐ規模を持つ、クレタ島のイラクリオン考古学博物館。

クノッソス宮殿の遺跡との入場券とセットで買えることもあり、宮殿と考古学博物館の両方を1日でゆっくり巡られる方も多いかと思います。

ここではクレタ島の古代文明の出土品が見られ、しかもクレタ島で栄えたヨーロッパ最古の文明「ミノア文明」の出土品を鑑賞することができます。


ミノア文明の出土品が見れるのは、ギリシャでもこの考古学博物館だけだそうです。






遠い古代の宝飾品の数々。

56010C49-7E51-4798-9DDB-84B1582C1AB8.jpg





天然石や金を使ったアクセサリーは、今でもそのまま使えそうな素敵なものがたくさんありました。

EBFA94E3-76F2-4135-BB9B-988C13416EF5.jpg


F389A83E-5C3D-467E-AE93-B841AFACA0EF.jpg





フランスのあちこちで開催されているブロカントで、アンティークの石やビーズを探して自分用のアクセサリー作りや手芸に使いたいと思っているので、イラクリオン考古学博物館の展示物は創作意欲を掻き立てくれる美しい品々でいっぱいで、とても興味深く鑑賞することができました。






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル
posted by ミカリュス・ブルガリス at 18:34パリ クレタ島

クレタ島のミニ教会

古代ミノア文明が栄えたクレタ島。

地中海に浮かぶギリシャの島の中で1番大きな島です。



クレタ島の北部の海はエーゲ海、南部はリビア海が広がっており、今回のバカンスは北部のエーゲ海沿いのリゾートホテルに滞在しました。





ホテルの近くの小さな教会。

エーゲ海沿いには、このような小さな教会がたくさんありました。

D1CB2F3A-63CF-46F4-90AF-CF8603681DB0.jpg




入り口はこちら。

1DB08562-DC01-4047-8958-88ADB79B1B1A.jpg





色鮮やかな内装です。

3D101236-4BE0-4CAD-8DAF-3C2DCA20C445.jpg





ろうそくが置いてありました。

D40775B7-AC9E-44FD-92B3-DEE69EB76526.jpg



D8F7B852-310E-47FE-B757-0DC9A00EB1E0.jpg





今回、何も下調べしないでギリシャのクレタ島に来てしまいましたが、ミノア文明など古代の生活や宗教に興味が湧いてきたので、ギリシャ、特にクレタ島関連の本を読んでみたくなりました。



クレタ島 (文庫クセジュ) 新書 – 2016/2/20


内容紹介
《波乱に富んだ歴史をたどる》

ヨーロッパ・アジア・アフリカ大陸から等距離に位置するクレタ島。古代ミノア文明から第二次世界大戦まで、波乱に富んだ歴史をたどる。

本書では、クノッソスを発見しミノア文明の研究の基礎を築いたエヴァンズとその功績、またその文明の繁栄から衰退までの叙述に、半分以上の紙数を割いている。原始時代からヘレニズム時代を経てローマ時代の終焉にいたるまでの記述を加えると、全体のほぼ四分の三のスペースを使って我々を中世の入り口に導く。 もちろんそれ以後の歴史が疎かにされているわけではない。キリスト教時代、ファーティマ朝によるイスラム化、ビザンティン帝国の支配、ヴェネツィアからの移民による統治、さらには第二次世界大戦におけるドイツ軍とイギリス軍との戦いの舞台となるまで、歴史の波に翻弄されながらも、島の独自性を守りつつ生き抜いたさまざまなクレタが、小さなスペースのなかで描かれる。

内容(「BOOK」データベースより)
ヨーロッパ、アジア、アフリカ三大陸から等距離に位置するクレタ島。古代ギリシア・ローマにおいてその島は世界の中心と考えられていた。ギリシア神話やホメロスによって語られた島の伝説は二十世紀初め、それに符号するような文明の存在がアーサー・エヴァンズによって明らかにされた。本書では歴史の波に翻弄されながらも、島の独自性を守りつつ生き抜いたさまざまなクレタが描かれる。




地球の歩き方 A24 ギリシアとエーゲ海の島々&キプロス 2017-2018


<ギリシア>
【アテネと近郊】アテネ(シンタグマ広場周辺/プラカ地区/コロナキ地区)、アクロポリス遺跡、パルテノン神殿、古代アゴラ、国立考古学博物館、ピレウス、アポロコースト、スニオン岬、マラトン
【サロニコス諸島】エギナ島、ポロス島、イドラ島、スペツェス島
【キクラデス諸島】ミコノス島、ディロス(デロス)島、サントリーニ(ティラ)島
【クレタ島】イラクリオン、クノッソス宮殿跡、レシムノ、ハニア
【ドデカニサ諸島】ロドス島、コス島、パトモス島
【東エーゲ海の島々】スキアトス島、サモス島、スコロペス島、ヒオス島
【ペロポネソス半島】コリントス、ミケーネ、エピダヴロス、スパルタ、オリンピア
【ギリシア中部】デルフィ、メテオラ、カランバカ
【イオニア海とギリシア北西部】ケルキラ(コルフ)島、ケファロニア島、ザキントス島
【ギリシア北部】テッサロニキ、アトス山、ハルキディキ半島、アレクサンドゥルポリ

<キプロス>
ラルナカ、レフコシア、レメソス、パフォス、アヤ・ナパ、トロードス、ポリス

★ギリシアとキプロスの世界遺産
<ギリシア>アクロポリス、ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ネア・モニ修道院、デルフィ遺跡、メテオラ、ヴェルギナの遺跡、テッサロニキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群、アトス山、ミケーネとティリンスの古代遺跡、エピダヴロスの遺跡、オリンピア遺跡、バッセのアポロ・エピクリオス神殿、ミストラ、ディロス島、サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿、パトモス島の神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟歴史地区、ロドス島の中世都市、ケルキラ島の旧市街
<キプロス>ヒロキティア、パフォス、トロードス地方の壁画教会群。
出版社からのコメント
ギリシアの旅は、その歴史や文化を知ることでさらに深く楽しくなるものです。
「地球の歩き方」は、歴史はもちろんのことギリシア神話、ギリシア正教、古代ギリシア劇についても丁寧に解説しています。
とくにギリシア神話は、10ページの解説に加えて、ギリシア各地にまつわる神話のコラムが25本!

(以上、アマゾンの紹介文より)





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル
posted by ミカリュス・ブルガリス at 15:56パリ ☀クレタ島

ジュネーブ上空から見るアルプス

ギリシャのクレタ島に行ってきました。


いきなり帰りの飛行機の中の画像です。

E13E31E2-DC3C-4E09-8956-489C2DE39EAE.jpg



ジュネーブ上空から見たアルプスです。




D62DF553-ABF2-44C8-9213-E4E03742B914.jpg




パリに戻ってきたので、旅の画像を少しずつご紹介していこうと思います。





飛行機がオルリー空港に無事着陸したときの機内アナウンスで、



『パリのただいまの気温は13度です。』


と言われて、機内一同、


『ええーーー。 寒っ!!!』


と反応して機内がざわざわしていました。





機長さんも、


『がっかりさせてすまないね〜。』


と申し訳なそうでした。




5月なのに30度越えの気温に日もあり、晴天にも恵まれ、少し早めのバカンスを過ごしたフランス人たち。

南欧の太陽をたくさん浴びて、皆、ご機嫌そうでした。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル
posted by ミカリュス・ブルガリス at 02:07パリ ☀クレタ島