ブルターニュ地方のお菓子屋さん『Maison George Larnicol』

今日はパリ左岸の5区、サンミッシェルのアルプ通りにあるブルターニュのお菓子が買えるお店をご紹介しますね。

ブルターニュのフィニステール地方のお菓子職人のジョルジュ・ラルニコルさんのお店です。



このお店の名物は、一口サイズのクイニーアマンのラ・クイネット(la Kouignette®)だそうです。

クイニーアマンって美味しすぎるのですが、日本人女子にはちょっと重いんですよね。

だから小さめサイズのラ・クイネットは、スリムなスタイルを維持したい私たちにピッタリなおやつです。


美味しそうなクイネットたちがたくさん並んでいます。

5EAC7747-03E5-4E44-BD99-780BF3EFD650.jpg



こちらはお店の外からガラス越しに撮った写真です。

EC451773-1146-4180-8873-504322F6463D.jpg




店内のショコラは量り売りなので一粒ずつからでも購入できます。

2B2A739A-7B70-413C-87AD-673D5ADED851.jpg


FAA58D49-3591-486B-9E01-C45B87B40C81.jpg




ナントのお菓子『ガトー・ナンテ(gâteau nantais)』

アーモンドとお砂糖、そして香りづけに使われているラム酒のハーモニーがたまりません。

翌朝の朝ごはん用に買って帰ったので、後日、またご紹介しますね。

41B1F7DF-C746-4F7C-8E30-E9AE1429D29E.jpg




マカロンももちろんあります。

7ED0A055-1E63-4FB4-955E-B371159FCDAE.jpg




焼き菓子もたくさん。💕

31553E22-23BE-4D86-AC70-6E9D432ADF61.jpg


5EF75E03-D176-46B4-9EBE-151244862D2F.jpg





お店の外観です。

C32E3598-0263-43C2-B2B3-69D3F6B678E9.jpg




『メゾン・ジョルジュ・ラルニコル(Maison George Larnicol)』の特徴は、他のパリの有名ショコラティエとは違って全く気取りがない雰囲気で普段に食べるチョコラやお菓子が買えることです。

お値段もお手頃なので、子供連れで来て、店内に置いてある袋にほしいお菓子を自分で入れるスタイルも、駄菓子屋さんぽくって好感が持てます。



私が行ってきたのは、こちらの5区のブティックです。

Maison Georges Larnicol
19 rue de la Harpe
75005 Paris, France
www.chocolaterielarnicol.fr



パリの他の店舗はこちらです。

132 Bd Saint-Germain
75006 Paris
Téléphone: 01 43 26 39 38

4 rue de Rivoli
75004 Paris
Téléphone: 01 42 71 20 51

7 rue de Steinkerque
75018 Paris
Téléphone: 01 42 58 50 96



ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル


キャビアとウォッカで贅沢なひととき

こちらの記事のフランス産キャビア、近所のニコラで、キャビアに合うお勧めのウォッカを買ってきて、味見してみました。






キャビアを買ったとき言われたのが、パンとかにつけて食べないこと。

ピュアなウォッカを1時間ほど冷蔵庫で凍らせて、キャビアと一緒にいただくのが最高ということでした。




そして、こちらがニコラの店員さんに勧められて買ったウォッカです。

ボトルが素敵です。✨✨

97CAA957-104F-4BDE-ACA3-22832A654942.jpg




ニコラの店員さんの話では、5回も濾過しているピュアなウォッカなので、キャビアの味を引き立ててくれるそうです。

フランスのニコラでは26ユーロでした。

http://www.nicolas.com/fr/Spiritueux/Vodka-Pravda-/p/468590.html



日本の方が安く買えるのですね。





ブルーのパッケージも可愛いです。

C04E0390-EA98-470C-8DE6-638C08A7C4DB.jpg



一番小さいので30グラム入りでした。

ACCD0070-07B8-41C0-874F-28FDAFF7E979.jpg




冷凍庫に1時間入れて、キンキンに冷えたウォッカをアンティークのシャンパングラスに注ぎます。

C6F98617-E5D2-4458-AAE9-3A322104EC69.jpg




アルコール度数40度ですが、混じり気のないピュアなテイストで、意外と飲めます。

同じくらいの度数のウィスキーよりもずっと飲みやすくてびっくりです。

E5B6A051-1944-4A4E-B288-8C62689D99FF.jpg




スプーンですくって、パクパク食べる贅沢なひと時です。

165C3840-7F9A-4EF2-95F7-4273E07CA913.jpg





パクパク食べて30グラムは一瞬でなくなってしまいました。

でも満足度は最高です。



生牡蠣を食べに行って、ついノリで買ってしまったキャビアですが、強いと敬遠していたウォッカの美味しさも知ることができて、なかなか良い経験になりました。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル




エリック・カイザーのシュトレン

パリ郊外の素敵な街『サンジェルマンアンレー』。

週末、ちょっとブラブラとウィンドウショッピングがしたいなと思うとき、でも、パリの喧騒を中を歩く元気がないとき、サンジェルマンアンレーを散策しています。




サンジェルマンアンレーをのエリック・カイザー。

E5475AA0-D4EF-431E-8FBA-41009D3E0B4A.jpg




クリスマスに欠かせないドイツのお菓子『シュトレン』が店頭に並んでいたので、バゲットを買いに入ったのに、誘惑に負けて買ってしまいました。

B2D48BCF-55C6-47F1-ABE1-01EBC9DB1841.jpg




エリック・カイザーのシュトレン。

75589531-E5F2-4283-8B0B-B8EF382F93E6.jpg




美味しそう。

9C0362FB-E3C2-46C5-9C99-E2240D1BEDD3.jpg




ドライフルーツがたっぶり入っています。

258AE0E8-76F3-4E5B-940E-4083D7DA3CD3.jpg






私はドライフルーツが入っているケーキ類に目がないのです。

フルーツケーキを食べるときは、コーヒーではなくて、紅茶を濃いめに入れていただくのが好きです。
(もちろん、紅茶にはお砂糖は入れません。)




美味しくて、ついもう一切れと手が出したくなりますが、シュトレンってカロリーがすごいのですよね。


日持ちもするので、毎日、少しずついただいています。




Boulangerie Eric Kayser
8 rue Pologne, 78100
Saint-germain-en- laye




その他、パリ周辺のエリック・カイザーの店舗情報です。

http://www.maison-kayser.com/fr/nous-trouver





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

素朴で懐かしい味わいの稲垣さんのパン - La Boulangerie du Nil

パリ右岸2区にある美味しいパン屋さん『La Boulangerie du Nil (ラ・ブーランジェリー・デュ・二ル)」。

日本人の稲垣信也さんが焼いています。

25DAC95F-ABFC-4A5F-BAA5-845FF67E3508.jpg



ニル通り(Rue de Nil)にあることからその名がついていますが、伝統的なフランスの製法で作られたパンが並んでいます。



自然酵母とオーガニックの小麦粉を使った素材にこだわって焼いたパンは絶品です。

16EEA4B7-4736-44F9-A8ED-F145016B40E5.jpg




この日は、古代小麦と呼ばれるスペルト小麦のパンとハーブの香り高いフォカッチャとクロワッサンを買って帰りました。


スペルト小麦は人工的な手がほとんど加わってないため、アレルギーが出にくく、フランスでは健康に気を使っている人たちに大人気のパンの素材です。

スペルト小麦って?




今朝の朝ごはん。

10917C90-FD5F-4C04-B9F7-8196C17FAA43.jpg




この日は他にもたくさんお買い物をして、買い物バックにいろいろ詰め込んでしまったので、表面の皮が一部剥がれてしまっていますが、懐かしいような素朴な味わいのクロワッサンです。




カフェと。

4B08C182-B9D7-43B1-9996-EC0329309B29.jpg





<参考>

グルメ通り~愛情溢れる日本人シェフのパン La Boulangerie du Nil

Shinya Inagaki, un boulanger japonais à la recherche du vrai goût du pain

http://painrisien.com/terroirs-davenir-la-boulangerie-paris-2e-le-pain-vogue-sur-le-nil/



3 rue du Nil – 75002 Paris (métro Sentier, ligne 3)
ouvert du mardi au samedi de 8h à 20h, le dimanche de 8h à 13h30.





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

ババ・オ・ラムとシャンパン

パティスリーで買ってきたババ・オ・ラム。


甘いラム酒の入ったスポイドが刺さっています。

C9064F24-BF26-4A41-B090-8F96C8728447.jpg



ガラスの器に入っていてムースみたいな感じです。

1F157D76-48D2-4124-823B-04BA7092AC20.jpg



シャンパンと一緒にいただきました。

FEFB47B1-6E1A-47A0-A330-73FEEDE12441.jpg






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル