ババ・オ・ラムとシャンパン

パティスリーで買ってきたババ・オ・ラム。


甘いラム酒の入ったスポイドが刺さっています。

C9064F24-BF26-4A41-B090-8F96C8728447.jpg



ガラスの器に入っていてムースみたいな感じです。

1F157D76-48D2-4124-823B-04BA7092AC20.jpg



シャンパンと一緒にいただきました。

FEFB47B1-6E1A-47A0-A330-73FEEDE12441.jpg






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

フランス版おにぎりみたいなもの - ジャンボン・フロマージュ

今日は、フランスに旅行に来られたら、ぜひ作って食べていただきたいフランス人にとって、日本人の鮭おにぎりみたいな日常ごはんのご紹介です。


なんてことはないバゲットのサンドイッチなのですが、材料を上手に選んでホテルのお部屋や、できればリュクサンブール公園などのパリの公園で食べてみてください。





用意するもの。


ブランジュリで買った焼きたてバゲット。

42BC9EDF-233D-4C9D-8DF5-B05970CB89B2.jpg





お昼前や夕方近くのパン屋さんの前に行列ができているときは、たいてい焼きたてのホカホカを買うことができます。


そして、サンドイッチにしたいときは、私は皮の部分があまりカリカリに焼けてないほうが柔らかくて食べやすいので、




Une baguette pas trop cuite, s'il vous plait !

ユヌ バゲット パ トロ キュイット シヴプレ!





とお願いします。


そうすると、パリパリに焼けてない皮が柔らかめのバゲットを買うことができます。



バゲットの焼き加減はお好みなので、パリパリ感が好きな人は



Une baguette bien cuite, s'il vous plait !

ユヌ バゲット ビヤン キュイット シヴプレ!




とよく焼けたバゲットを買ってみてください。



私は、カリカリに焼けたバゲットも好きですが、サンドイッチにするときは柔らかいほうが食べやすいので、pas trop cuite(パ トロ キュイット)でお願いしています。




買ってきたまだ熱々のバゲットを手で開きます。

もちろんナイフを使って綺麗に半分に開いてもオッケーです。


6F0D8F4C-F9AF-46D3-A8BF-6C2E7E9244FA.jpg





そこにバターをたっぷり乗せます。

塗るというより薄くスライスして乗せるという感じです。



理想は、マルシェか街のフロマジュリ(チーズ屋さん)で、売っている生バターですが、この日は我が家の冷蔵庫にあったスーパーで買ってきたバターを使いました。

1E29E0BA-F005-42BE-BDF3-1F6C42B8267D.jpg






ドゥミ・セル(demi sel)と書かれた塩入りバターです。


A27D0AD8-F0D1-474D-B4EF-027EB0EF40FD.jpg




お好みでドゥー(doux)と書かれた無塩バターでも美味しく作れます。



そしてフロマージュですが、マルシェや街中のフロマジュリで、お好みのフロマージュを買ってみてください。

私はコンテ(comté)が大好きなのですが、サンドイッチにするときは、フランスのサンドイッチの王道のジャンボン・フロマージュの定番のエメンタールやグリュイエールを使うことが多いです。




こちらはフロマジュリで買ってきたサヴォア地方のグリュイエール。

D9C176B6-00E9-49BB-B5F6-96EE2213DE5B.jpg




メインのハムは、気分を盛り上げるためにもスーパーでパックされているものではなくて、ブシュリーと呼ばれるお肉やシャルキュトリー(ソーセージやハム)などが売っている街角のお店で、ジャンボン・ブラン(jambon blanc)を買うのがオススメです。

大きな塊のハムをお好みの薄さにスライスしてくれますし、1枚から買うことができるので無駄になりません。

しかもスーパーのハムとは味が全然違います。





近所のブシュリーでスライスしてもらったジャンボン・ブラン。
ブシュリーのジャンボンは、鮮度が命なので当日に食べます。

6DA1412D-3EEA-4669-903D-1772303D14FE.jpg





バターを乗せたバゲットにフロマージュとジャンボン・ブランを乗せたところです。

(この写真はけっこうピンクに写っていますのが、実際は上の写真のような色です。)

99D9026E-F04A-4F6C-8B3D-5136E7DE2BDE.jpg





パカっと二つに折れば出来上がりです。

6DED5954-AC5D-4B64-AF9D-2C6A59EAF2C0.jpg






バゲットのサンドイッチの中でも、このジャンボン・ブランと呼ばれるハムとチーズのサンドは定番中の定番なので、フランス中のブランジュリ(パン屋さん)で出来上がったものを買うことができます。



お昼時には出来立てが売っているので、お店で買って食べても美味しいですが、こうして自分で作って食べるとパリジェンヌ気分が盛り上がりますよ。




ホテルのお部屋で食べるときは、ワインもお忘れなく。

36FFAB74-2A62-454C-8E3E-D24C8D661036.jpg






フロマジュリ(チーズ屋さん)ブシュリー(お肉&シャルキュトリー)、そしてブランジュリ(パン屋さん)でお買い物ができたら、あなたももうパリジェンヌ。


もうパリに住んでいる気分で、パリの滞在を楽しんでみてくださいね。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

日本で必ず食べたいもの

日本に一時帰国すると必ず買って食べるのがこちら。



伊勢の名物『赤福餅』

0023F98E-890D-4E0A-AD48-8FCCED905B21.jpg





今年も食べることができました。

A20A9BD6-CD42-4B1A-B7C9-49D7BE69A8A3.jpg





日本に帰国中は、今しか食べれないという言い訳のもと、和菓子の消費量がとても多くなります。

37D579E3-9275-4AE1-AF27-8218B2A78FA3.jpg





フランスに戻ったら、しばらくデトックス生活をするつもりです。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

ギネスのチップス

あのビールのギネスのチップスです。



2BA1AC4E-72A7-45F4-B21D-23D23DCE61F5.jpg





油っぽくなくてサクサク食べれます。

でもビールの味がしたかどうかよくわかりません。


でも美味しかったので、また見つけたら買おうと思います。


C87E5E4B-BFB9-4899-A679-3A5C3CBEFD94.jpg





アペリティフのときに出すと、普通のポテトチップスよりも、ちょっぴり高級感があってオシャレかも。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

パン・ド・カンパーニュの保存方法

フランスのパン・ド・カンパーニュ(田舎パン)。


昔ながらの製法の伝統的なパン種で発酵させて作られたパン・ド・カンパーニュ。

32694E96-CA1F-4D33-8B6D-BCB3A13E483F.jpg





BIOのマルシェや伝統製法を守るブランジュリーで買った本物のパン・ド・カンパーニュは日持ちがするので、1週間以内に食べきれる分は、トルション(布巾)に包んでおけば、そのままでの風味を保つことができます。





4キロもある超大型のパン・ド・カンパーニュ。

4D9D79BB-CC93-4C97-BD48-248ED333E4A3.jpg






4分の1は、トルションに包んで常温で保存、残りはスライスして冷凍しました。

しばらくパンを買わなくても良さそうです。



と言っても、焼きたてのバゲットの美味しさは格別なので、交互に食べることになると思います。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル