貧乏学生の味方 - パリの中華屋さん

もう10年以上前のことですが、パリで学生をしていたとき、アジア人貧乏学生の食堂だった中華屋さん。

お持ち帰りが中心ですが、中で食べることもできて、当時は5ユーロくらいでお腹がいっぱいになったのではないでしょうか。



でも、パリ市内の安い中華屋さんは、古い油を使いまわしているところも多いという噂で、胃腸の繊細な日本人女子学生はお腹を壊すので食べないほうがいいと言われていました。


あるアジア人学生が、毎日、お持ち帰りの中華ばっかり食べていたら死んでしまったという怖い噂まで飛び交い、日本の味が恋しくて、それに近い中華も食べたいけれど、お腹を壊すのは嫌だし、死んでしまったらどうしようと、私がパリで知り合った豊かな日本からパリに遊学に来ていた友人たちは、恐れてあまり寄り付かなかったようです。




そんなトラウマ体験(実際に自分がお腹を壊したわけではないけれど)があったので、パリ市内の安い中華屋さんには寄り付かなかったのですが、先日、パリ郊外の上品な街でフランス人が次々にお昼を買っているのを見かけて、ものは試しとランチを食べてきました。




入ってみたら、お店は清潔で、私が学生だった頃、パリで見かけた危なそうな油ギラギラではない、なかなか美味しそうな料理が並んでいました。




中で食べたいとお願いすると、好きな料理と使い捨て容器の大きさを選んでと言われて、一番小さな容器を選んだのだけど、なんだかぎゅーぎゅーに入れてくれるので、ミニサイズでも二人で分けても多すぎるくらいの量でした。




鶏肉のレモンとガーリック焼き

404ED3C3-BEE8-410E-8942-02B36A8CEA50.jpg




海老のチリソース風

E36259CC-5FB5-498D-830F-48D83F63A477.jpg




野菜も食べたかったのでこちらも。


ブロッコリーとキクラゲの炒め物

950B48F1-E284-48C1-8986-D985A3D1A4E0.jpg





こんなにおかずがあったら絶対ごはんも必要なのでこちらも。

フランス語でリ・カントネ(riz cantonais)と呼ばれる焼き飯みたいなもの。

63180DC9-232C-42EE-B18A-F1A9F0528166.jpg





青島(チンタオ)ビール

9D7E43A7-3B95-4752-B10F-EB5EEAF4165D.jpg






一応、陶器のお皿も持ってきてくれて、自分でお皿に移して食べるシステムのようでした。



ビールも入れて全部で30ユーロくらいだったでしょうか。




店頭に並んでいるお料理はどれも美味しそうだったので、いろいろな種類を食べてみたかったのですが、ミニ容器にあんなに詰め込まれる1種類だけでも食べきれないくらいなので、もうちょっと少しずつ入れてくれたら、いろんな味を楽しめるのだけどなって思った次第です。


大勢が集まるときなどは、みんなで分けっこできるのでいいのですけどね。





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

私の隠れ家一軒家レストラン

近くにメトロもSNCFやRERの駅も何もないので、とっても行きにくいレストランなのですが、この辺りの住人から絶大な人気で、いつ行っても素晴らしいサービスとお食事を提供してくれる静かな住宅街の中の一軒家レストランです。



春から秋にかけてのお庭で食べる週末のランチタイムはいつもほぼ満席になります。


24FA8B16-2814-4CEA-9B5C-C6D2D29DED45.jpg





この日は夜のディナーを予約していたので、暖炉のある室内へ。

E31F8541-0121-4527-AAD7-D92900C214B1.jpg








このレストランでのオススメは、ムニュ・グルモンというアペリティフとワイン混みの45ユーロのメニューです。

ランチもディナーも同じ価格なので、夜は特にお得感があります。




アペリティフのキール。

4ユーロプラスで、他のアルコールを選ぶこともできます。

0CDCC5AA-4D33-4AF6-8A9C-B9097DC50696.jpg





ワインは白と赤をハーフボトルずつにすることもできます。

でも、今回は、赤が飲みたかったので、赤のフルボトルをお願いしました。

54763FD4-365F-452F-A4C6-547F5D88F98A.jpg





このメニューのワインはお店の方でセレクトしてくれるのですが、セレクションも私好みで、温度管理も行き届いていて、美味しく頂くことができます。





観光客でごった返しているパリ市内の有名レストランと違って、地元の人ばかりなので、すごくゆったりした空気が流れているのです。


15B6FB53-B1EA-475B-9116-AD316A9BAFCD.jpg





アントレのフォワグラ。

イチジクのジャムと一緒にいただきます。

005E0755-7520-415A-B079-682548691162.jpg






メインの鴨料理。

7AF1A03D-0A3C-4DBD-9D27-A7AAADAD7C6D.jpg





フロマージュ。

556F9E8D-CC8C-43C0-A27E-BEE4AA918055.jpg




デセール。

F8696FAC-2318-4EC3-8208-AB00EE93215E.jpg




スプーンを入れた途端、とろけるフォンダン・ショコラ。

でもお腹がいっぱいで食べきれません。





多くのフレンチレストランでは、アントレ・プラと続くとデザートは本当に食べれなくなってしまうので、フロマージュとデザートは、一緒に行った人とシェアした方がいいかもしれません。




私たちもシェアしたいと言って、フロマージュ、デザート共に、カトラリーを二人分ずつ運んでもらいました。






残念ながら、こちらのレストランには駐車場がありません。

行ってみたい方は、最寄駅からタクシーを使われることをお勧めします。



Adresse
LE JARDIN CLOS
17 RUE EUGENE LABICHE
92500 RUEIL MALMAISON




お店のホームページです。

レストランの歴史や店内の写真やメニューを見ることができます。

http://www.le-jardin-clos.fr





お庭でのランチタイムの様子です。

憧れの一軒家レストランと次のステージへ






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

ル・トラン・ブルーで朝食を

パリのリヨン駅構内にある老舗フレンチレストランの『ル・トラン・ブルー(Le Train Bleu)』。

1901年創業で、開店当時のままの美しくゴージャスな内装で、古き良き時代のパリにタイプスリップしたような気分になれるレストランです。


リュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』の舞台になったことから、世界的に有名になり、世界中から観光客が食事に来ています。


ルトランブルー.jpg




駅ナカと言っても、列車に乗らなくてもレストランだけを予約してゆっくりランチやディナーを楽しむことができます。


ルトランブルー店内1.jpg




豪華な内装にちょっぴり緊張しちゃいそうですが、駅ナカですし、特にドレスアップしていく必要はありません。

それでもやっぱり豪華絢爛な雰囲気に合わせて、ちょっぴりオシャレしていった方が気分も盛り上がると思います。



ルトランブルー店内.jpg





実は、ル・トラン・ブルーでは朝食も食べれるのです。

毎朝7時半から11時半までブレックファーストのサービスがあります。
(日曜日と祝日は9時から)


お値段は、24ユーロと28ユーロと32ユーロの3種類。

サービスされるパンはメゾン・カイザーの焼きたてパン。

そして、バターはあのボルディエのバターです。

32ユーロのセットには、オーガニックの卵料理もつきます。





リヨン駅近辺にお泊まりの際は、その後、長距離列車に乗って南仏に行く予定はなくても、ル・トラン・ブルーで朝食をゆったり食べてみるのも、なんだか旅人気分で素敵かもしれませんよ。






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

パリで一番美味しいらしいボブンを食べてみた『Bonjour Vietnam』

パリに住んでいて嬉しいのは、世界各国のお料理が食べれるということ。

もちろん、東京もインターナショナルなので、美味しいレストランは限りなくありますが、それは一時帰国の楽しみとしてとっておいて、外国暮らしの日常生活で、現地の料理以外のものを食べれるのは非常にありがたいことです。



フランスの家庭料理も美味しく、パリにはそんなフランスのママンの味の家庭料理を食べさせてくれるビストロがあちこちにありますが、やっぱり恋しいのはアジアの味です。



そんなとき、偶然見つけたこちらの記事、『パリで一番美味しいボブンは?』というタイトルに惹かれて読んでみると、美味しそうなボブンを食べさせてくれるレストランがベスト10まで紹介されているではないですか。


Timeoutさんの記事です。
   ⤵
Et le meilleur bobun de Paris est...





ちなみに、ボブン(BoBun)とは、ヴェトナムではブンボー(BunBo)と呼ばれているお料理で、ボー(Bo)とは麺、ブンBunとは牛を意味するのだそうです。


ヴェトナム料理といえばフォーも美味しくて大好きなのですが、ボブン(BoBun)もなかなか日本人好みのお味で、こってりしたフレンチに飽きたら、食べたくなる料理のひとつです。

フランスのボブンは米粉の麺に、もやし、にんじん、キュウリ、ミント、バジル、パクチー(コリアンダー)などの野菜やハーブとネムや牛肉などがのっています。

どんぶりの底には甘酸っぱいソースが溜まっているので、食べる前にしっかりかき混ぜるのがポイントです。






早速、第1位に選ばれた5区のコントルスカルプ広場の近くにある『ボンジュール・ヴェトナム(Bonjour Vietnam)』に行ってみました。



ABD1FD77-AA58-4FD4-B42A-8ADD2286D420.jpg



夜の営業時間は19時からで、週末で混んでいるかもと思い開店と同時に入りました。

なんと20時以降は予約で満席で、それまでだったらだいじょうぶとのことで、席に着くことができました。




お目当のボブン(BoBun)の前に、こちらの海老フライをアントレとしていただきました。

6F7987B8-027F-4E99-8BC8-FC1041C8265B.jpg




シェアして食べれるようにちゃんとお皿を人数分持ってきてくれるのが嬉しいです。


8477AD7B-9290-4CA4-B227-34E082FF14BB.jpg





こちらがボブン(BoBun)です。

77120B29-DDC7-4310-A144-91E7F2D758FA.jpg





評判通り、野菜たっぷりで、お肉もかなり多く入っていました。

味付けも甘酸っぱいソースが美味しく、フランス人に人気なのが頷けます。


個人的には、ソースはもう少しさっぱり系のほうがいいなって思ったので、ここもまた来たいけれど、2位以下にエントリーされている他のベトナムレストランも試してみようと思います。




お店のオーナーさん(たぶん)だと思うのですが、こちらのムッシューがとっても優しくて、笑顔でサービスしてくれたのが最高でした。

8D124F7A-3AE0-4059-9A8B-FCB1AF0F7C98.jpg





所在地: 6 Rue Thouin, 75005 Paris
電話: 01 43 54 78 04
時間:12時00分~15時00分, 19時00分~23時00分





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル