小江戸へどうぞ

私の大好きなお弁当屋さん「小江戸」さん。


パリのトラムT2線の駅構内にある持ち帰り専門のお弁当屋さんです。





情緒溢れる外観が郷愁をそそります。

2C7EF923-BB8E-4764-A9DA-9A92754B10B4.jpg





この日、夜の19時過ぎに行くとお目当ての幕の内弁当は売れ切れていました。




でも茄子の田楽のヴェジタリアン弁当が美味いしかったです。


特にお野菜の味付けが出汁が効いた薄味なのがよろしいです。



5EFED524-4EEB-476A-93B5-0EDA8C4E32FA.jpg






こちらは鶏肉のお弁当。

DC0D35B2-FDB4-4B3D-B6D1-511999BDF22D.jpg





デザートはたい焼きです。



焼いているところを見ているだけで、幸せ気分になれます。


F6ADCC8E-E719-412D-854E-9289B9E3304A.jpg





抹茶やカスタードなどもありましたが、クラシックな粒餡入りにしました。


C7B86683-FB89-4651-B3F9-508B8170C08A.jpg






ペットボトルのお茶も買って、公園でピクニックをしました。




今度は、桜の咲いている場所で食べたいです。






562DD740-488F-4629-BA14-C56E6531AF6D.jpg




小江戸(KOEDO)
Issy Val de Seine 駅構内

7 rue Rouget de Lisle 
92130 Issy-les-moulineaux




ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

パリでいただく本格ラーメン『一風堂』

本物の美味しいラーメンが食べたくて、パリの一風堂さんに行ってきました。


一風堂さんはパリに2店あり、こちらはルーブル店です。

E6F5DA7A-1367-46FF-86E9-6421C5B959DE.jpg




サービスされたお水のボトルが素敵です。

D01A19D1-6D4C-4825-8FD8-3808458012D5.jpg




SHIROMARUに玉子(1ユーロ)を追加してもらいました。

13ユーロです。

A6FE851C-5150-4347-9C10-B4B609CC2309.jpg




AKAMARUにチャーシュー(3ユーロ)追加です。

16ユーロ。

B34CDCB3-780E-4150-A429-FC9F8F308FA7.jpg




一風堂さんのパリ進出1周年記念ということで、日本酒をサービスしてもらいました。

277A1D7D-EAE6-4E7F-BB35-6D3DFD84746C.jpg



替え玉もサービスです。
(替え玉は通常は1、5ユーロです。)

31AD2768-5E24-40D5-9C4E-C33513294848.jpg





久しぶりに本格的な美味しいラーメンを食べることができて大満足です。

麺の硬さは『KATA』という2番目に硬い茹で方を選びました。

細めの麺も私好みで、麺の硬さもちょうど良かったです。



店内も清潔でサービスも行き届いていて、気持ち良くお食事ができました。

一風堂さん、どうもありがとうございました。




IPPUDO Saint-Germain

14 rue Grégoire de Tours
75006 Paris
Tel: 01 42 38 21 99
M4 – Odéon, Saint-Germain-des-Prés
M10 – Odéon, Mabillon


Ippudo Louvre

74-76 rue Jean-Jacques Rousseau
75001 Paris
Tel: 01 42 86 09 85
M4 – Étienne Marcel, Les Halles
M1 – 4 – 7 – 11 – 14 Châtelet- Les Halles





ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜
   ⤵
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

伝説の老舗レストラン『RESTAURANT CHARTIER』

パリのメトロ「グラン・ブルバード(GRANDS BOULEVARDS)の近くにある1896年創業のレストラン『シャルティエ』。


フランスのテレビ番組で、このレストランの歴史や料理などについて紹介されてを見てからずっと気になっていました。




DF240197-4859-458E-AE13-82D641725878.jpg





元々は近くで働く労働者たちのための食堂だったとのことで、お手頃なお値段で伝統的なフランスの家庭料理を食べることができます。


素材も冷凍物は極力使わず、厨房で手作りで作っているそうです。




庶民の食堂だったとのことですが、内装は古き良きパリっぽくてすごく素敵です。



EF9B5882-37F9-466C-8E01-1E82E6A8D6EE.jpg




昼食、夕食時は並ぶほどの人気だそうなので、混雑を避けたかったのでこの日は平日の夕方5時くらいに入店しました。

空いていたということもあり、サービスも早く気持ちよく食事することができました。






喉が渇いていたので、まずはサングリアで乾杯です。

25clのピシェ(le pichet 25cl)で3ユーロ。

二人で飲んでもグラスに2杯ずつも入っていました。

3FACBB3B-B200-49C4-BFFE-976A9BC39ADA.jpg




上の写真にちらっと写っていますが、注文した飲み物や料理は、紙のテーブルクロスに直接書いてくれます。




前菜の海老のマヨネーズ添え

海老も新鮮で、マヨネーズも手作りっぽい味でした。(たぶん厨房で卵から作ってると思います。)

197CC2F7-C785-4B18-9672-B556724F483B.jpg





こちらも手作りの田舎風テリーヌ。

2BE181DA-EEB3-48BE-9970-EEB592803AD5.jpg





ワインはメインに『Rognon de veau』と呼ばれる子牛の腎臓のブルギニョン(Bourguignon)とラムステーキを選んだので、ワインリストの中からこちらの『ビュゼ(BUZET)』を選びました。

『ビュゼ(BUZET)』はフランスの南西地方・ガロンヌ地区のA.O.C.で、メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、カベルネ・フラン10%から造られています。

リストの他のワインは軽めでフルーティーなものが多かったので、カベルネ・ソーヴィニヨンが入っている『ビュゼ(BUZET)』にしましたが、個人的にはもっとタンニンの効いた重めのワインがあれば良いのになと思いました。







レストランなのに、たったの10ユーロというお家ワイン価格です。

9BEE3FAE-B561-468D-90DF-18E31C99B149.jpg




ロニョン・ド・ヴォー・ブルギニョン(Rognon de veau bourguignon)

4445EECA-3C7B-4CB8-A7D6-EB1A32427EDD.jpg




ラムステーキ、フライドポテト添え

C0317A97-C081-4167-8A66-91A2F3959795.jpg






ババ・オ・ラムの生クリーム添え

ラム酒がたっぷり滲みこんでいて、しかも大きくて感激でした。

4DCCF9DD-47C2-4CBB-9165-1D55CD4410F3.jpg





サービスしてくれたお兄さんもすごく親切でユーモアもあって、楽しく食事をすることができました。

F71F7853-70CA-43F5-99C8-3A5CF09A20AA.jpg





道路沿いの外観です。

9E28D1B4-CAFA-495F-93BA-B6088BA5B2EB.jpg





また近いうちに行きたいレストランです。

リピート決定です。



RESTAURANT CHARTIER
7, rue Faubourg Monmartre
75009 PARIS
アクセス: 地下鉄最寄駅GRANDS BOULEVARDS
(8番、9番線)




ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜
   ⤵
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

ブローニュの隠れ家クレープリーのお得ランチ


パリ南西のブローニュ・ビーヤンクール市。

パリの中心にメトロで簡単に行けることや、日本人学校へ行くバスの停留所があったり、日本語の幼稚園があったりすることから、パリ在住の駐在員ファミリーに人気のエリアです。

もちろん、フランス人ファミリーにもとっても人気があり、評判の良い私立の一貫校があり、またメディア関係の会社があちこちに点在し、さらにかつてのルノーの工場跡地のトラペーズ地区にはフランスの一流企業が集まっているので、密かなランチの激戦区になっています。




ブルターニュ出身の知り合いから、絶対オススメと太鼓判を押され、行ってみたのがこちらのクレープリーです。

基本メニューはブルターニュのガレットとクレープなのですが、店内の黒板には手書きで新鮮な素材で調理された伝統的なブルターニュ料理(肉・魚料理)もアラカルトで注文することができます。



Tant Qu'il Y Aura Des Bretons
(トンキオラデブルトン)
B2B5C9F1-88D4-4789-9DCE-321A97AC948D.jpg




12時の開店と同時に入ったので、まだ空いていますが、昼過ぎには近くのビジネスマンでいっぱいになります。

F569CB4A-3F6D-4DEE-BDDD-E04D1579D7D6.jpg



ここのオススメは、平日ランチ。
なんと、16ユーロで本日のガレット(日替わり)とシードル、そして豪華なカフェ・グルマンまでついているのです。



冷えた美味しいシードルをグラスいっぱいに注いでくれます。

B8E29CA8-882C-46FA-BB4E-33D366E1C791.jpg




この日のガレットは、サーモンのソテーとラタトゥイユっぽい野菜たっぷりのガレットでした。
今回、二回目ですが、前回行ったときは、ブーダン・ノワールとソテーされた林檎やポテトがたっぷりのガレットでした。

99A477D8-2087-4B3F-9E38-22AC7A2AC95D.jpg




そして、こちらがデザートのカフェ・グルマン。
単品でアラカルトでお願いすると8、5ユーロなので、これが16ユーロのランチについてるなんてお得ですよね。

453A104F-C397-4F81-A938-00B8BDC9FBB6.jpg



しかもひとつひとつのデザートがどれも本格的で美味しいんです。



💓パンナコッタ。💓

💕カットフルーツの盛り合わせ💕

💓カヌレ💓

💕マカロン💕


BA8624A3-02E3-4D43-B1A6-BB711479FBB0.jpg



カヌレの下に隠れているのですが、『Galette Bretonne(ガレット・ブルトンヌ』というブルターニュのサブレも。💓💓💓

CDFE6EFA-1ED0-4C25-AD58-8CF13471F23C.jpg




カフェも本格的で美味しいです。
しかもおまけのプチガレットまで。💋

161E15C0-2582-4D00-94D5-2D872FF2970B.jpg





パリ近郊在住の皆様

ブローニュ近辺にお越しの際は、ぜひ試してみてくださいね。



パリに遊びに来られる方

パリの喧騒に疲れたら、静かな住宅街のブローニュでゆったりしたランチタイムはいかがでしょうか。




Tant Qu'il Y Aura Des Bretons - Crêperie - Boulogne-Billancourt
1 rue de billancourt
92100 Boulogne-Billancourt


Lundi Fermé
Mardi - Samedi 12h00 - 14h30 / 19h00 - 22h30
Dimanche Fermé

http://www.tantquilyauradesbretons.fr





にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


パリ ブログランキングへ




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">

ブローニュのレストラン - トリックスのAチェアでオシャレに変身

以前にご紹介したブローニュのこちらのレストランに久しぶりに行ったら、パトロンが変わったとのことで店内の内装がすっかりリニューアルされていました。


映画の舞台になったブローニュのレストランで




以前は、木製のちょっと時代を感じさせる素朴なインテリアだったのですが、店内のすべての椅子がトリックス(Tolix)のAチェアになって、一挙にモダンな雰囲気に。

ブローニュのレストラン




このトリックスのAチェア、フランスではカフェやビストロ、レストランだけでなく、普通の家庭の家具としても大人気なんです。

トリックス Aチェア





ちょっと意識高い系?のインダストリアルなデコレーションを好む一人暮らしの男性や、アトリエに住むアーティスト、インテリアにこだわりのあるカップルが住むアパートのキッチンのチェアは、トリックスだったりします。


フランスでも、お値段が高いので、『e-Bay』や『le Bon Coin』という売ります・買いますのサイトなどで、状態の良い中古のトリックスは引っ張りだこです。




こちらは、日本のアマゾンで買えるトリックス(Tolix)のAチェア。


Tolix A CHAIR エーチェアー スタッキングチェア (ホワイト)




Tolix A CHAIR エーチェアー スタッキングチェア (レッド)


白も赤も可愛いけれど、やっぱり王道を行くステンレススティールのがほしいなぁ。



Tolix A CHAIR エーチェアー スタッキングチェア (ステンレス)





レストランのカウンターのチェアもトリックスでした。

トリックス スツール





ちょっとモダンに変身したレストランのこの日の日替わりメニューはこちら。

ブローニュのレストラン.jpg



アントレの3色パプリカとオリーブ入りのキッシュ。

ブローニュのレストラン.jpg



メインのステーキ、ノルマンディーソース添え。
付け合わせのフリットはお店の手作りだそうです。

ブローニュのレストラン.jpg




お昼なのでワインはグラスでお願いしました。

ブローニュのレストラン.jpg




このレストランは、ブローニュの市民プールの目の前にあります。
この辺りには企業がたくさんあるので、平日の日替わりランチがお得です。

ブローニュのレストラン.jpg





158 côté piscine
158 rue du Vieux Pont de Sèvres 92100 Boulogne-Billancourt
01 46 21 07 73





にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


パリ ブログランキングへ




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">