印象派公園 - Parc des impressionnistes

パリ西郊外、ルエイユ・マルメゾンのセーヌ川沿いにある公園です。


Parc des impressionnistes

FB5D3A34-C52A-40C5-B2E3-16AB6F3B52E8.jpg



4A38F011-7EF9-459F-A8B1-17DD053057FE.jpg




毎年5月頃から薔薇が咲き乱れます。



3月中旬の現在、暖かくなった春の陽射しの浴びて、新芽がどんどん出てきていました。


F3D9D847-DC64-4BB9-B252-3F8C731C3F02.jpg



E1BA7102-08D2-49BC-B4E2-6BBA4665A816.jpg






薔薇のトンネルが出来上がるのは、もう少し先のようです。

C7B29F8F-8FDF-43DA-9395-731F3D4E8CD2.jpg






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

セーブル美術館 - Musée de Sèvres

フランス国立陶磁器美術館( Musée national de Céramique)は、別名、セーブル美術館(Musée de Sèvres)と呼ばれ、陶磁器を制作するアトリエを持つ国立製陶所と、5万点におよぶ世界でも有数なコレクションを有する国立陶磁器美術館から成り立っています。



11月初めの紅葉が美しかった頃のミュゼです。

セーブル市とブローニュ・ビヤンクール市をつなぐセーブル橋(Pont de Sèvres) から撮影しました。


1A5671A4-AC59-4411-9670-8AFE4A2D468B.jpg




美しい陶磁器のコレクションを鑑賞した後、このミュゼのすぐそばにあるサン・クルー公園を散策されてはいかがでしょうか。


パリの雑踏とはまた違った、静かで穏やかな郊外の暮らしが垣間見れると思います。




フランス国立陶磁器美術館
Sèvres - Cité de la céramique
2 Place de la Manufacture
92310 Sèvres (France)
Tél. : +33(0)1 46 29 22 00





にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


パリ ブログランキングへ




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">



パリ右岸の避難所 パレ・ロワイヤル

私はパリの左岸が好きで、右岸には買い物や待ち合わせなどの用事があるときにしか出かけることはないのだけど、ここパレ・ロワイヤルの庭園は別で、人でごった返したパリの喧騒から逃れて静かに寛ぎたい時の私の避難所です。






ダニエル・ビュランのストライプの円柱に腰掛けて寛ぐ人たち。


画像が暗くてごめんなさい。

71FB4FEB-0479-4D10-9EFE-281C81F5DD61.jpg





美しく静かなパレ・ロワイヤルの回廊。

8C0695B6-9E3C-4FE9-ACD2-42E05954BF12.jpg



B5417BEB-3F2A-45AE-AB2E-23F8C6E72D32.jpg





回廊沿いのカフェの庭園側のテラス席。


4334852A-13D2-40BD-9AA3-E3629C4D28F1.jpg





木陰でアイスクリームを売る人。

D7A0B806-1686-40B9-B422-C8DAEDDE583B.jpg





外の喧騒から、ここに来るとふっと雰囲気が変わったような気がします。


カフェのテラスでも、庭園のベンチでも、静かにゆっくり過ごすことができる素敵な場所です。









にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ

アミティエ公園の日本庭園

パリの日本庭園と言えば、ブローニュにあるアルベール・カーン美術館の庭園が有名ですが、もう少し郊外まで足を伸ばせば、静かな情緒溢れる小さな日本庭園に出会うことができます。


パリ西郊外のルエイル・マルメゾンという街にあるアミティエ公園の中の日本庭園です。


5566677A-435F-48F8-8A22-23CEF4E0D2E9.jpg


蓮の葉が浮かんだ池のそばに立つとまるで日本にタイムスリップしたみたいな気持ちになります。

EE04BF5D-F240-4286-9096-84B84C6BDAA6.jpg



水辺に浮かぶ真紅の橋。

87B7E3E9-2F0D-4C4A-91E1-BDCC7B2E5C4D.jpg




向こうに見えるのは、石庭です。

BC790EB7-339D-4F35-97E1-5B107E745DF6.jpg



ひっそりと佇む鳥居。

7DCC2740-874D-4F48-A46B-3C9A2346B8AA.jpg



この静かな石庭の大きめの石に腰掛けて、静かに読書するパリジェンヌもいます。

7F7A258E-2726-4575-B3EF-97E3B3D835DC.jpg



誰にも邪魔させたくない静かな時間を過ごせるパリ郊外の秘密スポットです。

E9680962-B582-4A78-8E2A-D155B080B6CB.jpg




Adresse : 160 Et 176 Avenue Paul Doumer - 9, Avenue Albert 1er
Code postal : 92500
Ville : RUEIL-MALMAISON




にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


パリ ブログランキングへ











音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

ルイヴィトン財団美術館『 Fondation Louis Vuitton』

ブローニュの森の中にあるルイヴィトン財団美術館『Fondation Louis Vuitton』。

838ADC40-7BE2-418B-9EAD-B59BBD276A7D.jpg



2014年10月にオープンして以来、その斬新な外観が話題になっていましたが、なかなか訪れる機会がなく、開館から1年余りを経て、ようやく立ち寄る機会がありました。



入り口で入場券を券売機で購入するのですが、その前にちょっと質問があって入り口に立っているお姉さんに声をかけたら、

「17時以降は無料で入場できますよ。」

と親切に教えてくれました。




ということで、17時にまた戻ってくることにして、入場券2人分28ユーロが節約できました。



日が暮れる前に、アクリマタシオン公園『Jardin d'acclimatation』を散歩したかったのでちょうど良かったです。



ちなみに11月15日の日曜日は、11時の開館から20時の閉館まで、ずっと無料で入場できるそうです。




建物が大きいので、かなり離れて撮影してみました。


85E47983-A85C-4EC2-97B8-E5AF8BE7CDB5.jpg














にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ



音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル