ブルゴーニュのシャルドネ

 本日のワインは、ブルゴーニュ・シャルドネ タストヴィナージュの白。
Bourgogne 2005 Chardonnay.jpg


 
 東京に住んでいた頃から、ブルゴーニュのシャルドネは大好きで、よく飲んでいたのだけど、パリに住み始めてからは、あまりにも日常にたくさんの種類のワインがありすぎて、ついついあまり飲んだ経験のない目新しいものを試してみたくなってしまう私。

 でもでも、やっぱり美味しいブルゴーニュのシャルドネ。美しい蜂蜜色、バターや焦げたパンの香り、わかりやすいストレートな美味しさははずせません。

 最近、ケースで購入してよく飲んでるのが、これ。
REINE PÉDAUQUE
VIN TASTEVINÉ
BOURGOGNE
CHARDONNAY
Bourgogne 2005 Chardonnay (2).jpg



 レーヌ・ペドーク(Reine Pedauque)は、ブルゴーニュのアロックス・コルトン村の著名なネゴシアンのひとつで、パリの名門ホテル「オテル・ル・ブリストル」にあるミシュランの三ツ星レストラン、「ル・ブリストル」のワインリストにも載っている、フランス全国40軒のミシュランの星付きレストランで採用されているブルゴーニュ屈指の老舗ブランド。

 そしてレーヌ・ペドーク(Reine Pedauque)のラベルを貼られたワインは、日本でもワイン通の間では良く知られており、その品質の高さを認められ、「ル・ブリストル」の他でも、有名な老舗レストラン『ポール・ボキューズ』も採用されています。

 タスト・ヴィナージュは、毎年、クロ・ド・ヴジョの城(Château du Clos Vougeot)で、大規模な利き酒会が開かれ160人以上の利き酒騎士団(シュヴァリエ・ド・タストヴァン)と呼ばれる特別に任命されたワイン鑑定士によってブラインド・テイスティングが行われ、各アペラシオン毎に優れたワインを選出し、認められたものだけに与えられる特別なラベルなのです。

 そんなお墨付きのこのワイン。お値段もお手頃で、デイリーに気軽に飲みたい私のお気に入りです。



 こちらは、エチケットのフランス語の説明です。フランス語を習っている人はチャレンジしてみてね。

REINE PÉDAUQUE

VIN TASTEVINÉ
BOURGOGNE
CHARDONNAY

Chaque année, au printemps et à l'autome,
la Confrérie des Chevaliers du Tastevin rèunit
au Château du Clos Vougeot un jury groupant
plus de 160 personnes connues par leur talent
de dégustateurs.
Ce jury sélectionne parmi les bouteilles
qui lui sont présentées anonymement celles qui
répondent le mieux à l'appellation et au
millésime revendiqués.
Les vins sélectionnés s'honorent d'une
étiquette spéciale numérotée portant le sceau
de la Confrérie...


 こちらは、私が東京で通っていたワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」のスクール・マネージャーの立花 峰夫氏監修のワインのフランス語の本。

ワインのフランス語―CD付

 ワインショップ、レストラン、パーティー、ワイナリー研修など、ワインに関するさまざまな場面で役にたつ実践的な会話集。ワイン留学の手引き、ワイナリー研修に関する手紙・メールの書き方、ワイン用語集(仏和・和仏)も充実していますので、フランスでワイナリー巡りをしたい人、ワイン関係の仕事に従事したい人に。(アマゾン・ジャパンの紹介文より)


 音譜こちらもよろしくね。音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 


ラドワの赤 2007

 今飲んでるワイン。PIERRE ANDRE(ピエール・アンドレ)の「LADOIX CLOS DES CHAGNOTS」

vin ladoix.jpg


 ブルゴーニュのコート・ド・ボーヌ地区のワイン(品種はピノ・ノワール)。

Ladoix

La Côte de Beaune ne débute pas à Beaune, mais à Ladoix, un peu au Nord-Est, sur la commune de Ladoix-Serrigny, qui porte l´AOC Ladoix.

Cette communale comporte 8 climats classés (premers crus) La Micaude, La Corvee, Le Clou d´Orge, Les Joyeuses, Bois Roussot, Basses Mourottes, Hautes Mourottes, Mourottes.

80 hectares de vignobles en plantation : cela explique la faible notoriété de cette appellation, qui pourtant ne demérite pas. Des vins rouges relativement légers, mais très plaisants et pleins d´équilibre, et des vins blancs assez gras, bien typés.

(Source: http://bourgogne.75cl.com/ladoix.htm)

 音譜こちらもよろしくね。音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ