フレッシュミントたっぷり、太陽のカクテル「モヒート(mojito)」

ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci
音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



私が、パリのバーでカクテルを注文するときに、必ず、選ぶのが、新鮮なフレッシュミントたっぷりのコチラのカクテル。


アーネスト・ヘミングウェイが好んで飲んだことでも有名な、キューバのハバナが発祥の地のラムベースのカクテル『モヒート (mojito) 』。バー


image-20120328122837.png



モヒート(mojito) という名の由来は、アフリカの「軽い魔法かける」という意味のMOJOという言葉からきているそう。


レシピはバーによって微妙に違っていて、ちょっと甘めだったり、さっぱりしていたり、バー巡りをして、飲み比べしてみるのも楽しいかもしれません。

一般的には、グラスにラム酒とたっぷりのフレッシュミントの葉をいれて、ペストル(擦りこぎ棒)で、ミントの葉をつぶして、ミントの爽やかな香りがひろがってきたら、ライム(citron vert)と砂糖と氷を加えて、ソーダ水を注いてつくります。


私は、夏の暑い日の午後、時々、お家で作って、小さなベランダで飲んだりしています。


ミントの爽快さが、これからの季節にぴったりなカクテルです。


image-20120328122824.png



お家でも、作れるけれど、キューバの香りの『モヒート (mojito) 』は、やっぱりこんなバーのカウンターで飲みたいカクテルです。

image-20120324074703.png




<関連記事>

The Thistle Pub

スコットランドのビール「カレドニアン(CALEDONIAN)」











 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜

フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル




"フレッシュミントたっぷり、太陽のカクテル「モヒート(mojito)」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。