ここに行かなきゃ意味ないでしょ!ベレンのエッグタルト



リスボンのベレン地区は、世界遺産の『ベレンの塔』や『ジェロニモス修道院』など、見所いっぱいの観光地なのですが、


私たちがここに来たのは、ずばり、このためです。




リスボン名物・『エッグタルト』の元祖と言われる『Pastéis de Belém』のエッグタルト(パステル・デ・ナタ)。
IMG_6660.jpg





リスボンの街のあちこちにあるパン屋さんやお菓子屋さんでも、エッグタルトは買えるのですが、やっぱり元祖と名高いココのを試さないと、ということで、リスボン旅行の初日に行ってきました。


青いテントのお店です。

IMG_6653.jpg




いやん、激混みです。

IMG_6669.jpg



入り口のブティックでエッグタルトを購入する人たち。

IMG_6667.jpg





買ってその場で歩きながら食べている人も結構いましたが、歩き疲れて、喉も乾いていた私たちは、中のサロンへ。



サロンも超満員。


でも、このお店、すごく広くて、奥にどんどん進むと、次々に別のサロンがあって、最初のいくつかは、もう満員だったのだけど、一番奥、トイレより奥に、広ーいガラガラのサロンがありました。



ガラーーン。

IMG_6659.jpg



今までサロンと書いてきましたが、内装はなんだかレトロな大食堂といった感じです。


お昼前だったからか、座れてラッキーでした。
きっと、3時とか4時のティータイムはもっと混んでいたかも。


この後、団体さんが、どどっと案内されてきて、他にも観光客と思われるカップルやグループがどんどん入ってきて、この奥の大食堂もほぼ満員になりました。


サービスしてくれるお店の人も、大忙しです。




歩き疲れた足を休めるには、やっぱりビール?
と冷たいビールとミネラルウォーターを注文しました。

もちろん、エッグタルトも。

IMG_6663.jpg




このスーパーボック(SUPER BOCK)っていうポルトガルのビール、リスボンのあちこちのカフェやバーで、みんなが飲んでいたけど、日本のビールでいうとアサヒやキリンみたいな国民的ビールだそうです。

滞在中、お天気も良かったことから、テラスでビールを飲む機会が多く、すっかりファンになってしまいました。

パリのスーパーマーケットでもときどき見かけるので、これからの季節、フランスのビールより断然日本人の口に合うスーパーボック(SUPER BOCK)を買おうと思いました。



サロンの壁には、ポルトガルのアズレージョと呼ばれるタイルが貼ってありました。

IMG_6658.jpg




このタイル、リスボンの街のあちこちで見かけました。



お店のトイレの入り口。

広くて清潔。
パリのトイレも見習わないとね。

IMG_6668.jpg





最後に、元祖『エッグタルト』の感想ですが、他の店のものと比べて、パリパリの外側が特徴で、甘過ぎなくて何個でも食べれそうでした。


お持ち帰りして、オーブンで温め直して食べるのもいいけれど、ホテルだとオーブンもないだろうし、ぜひ、店内の食堂で熱々の出来立てを食べてみてくださいね。









ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜
   バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ







 音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

"ここに行かなきゃ意味ないでしょ!ベレンのエッグタルト"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。