プチトリアノン


5年ぶりにヴェルサイユ宮殿に行ってきました。


日付指定のチケットを買っていたにもかかわらず、入場まで3時間待ちの列に並ばされました。

予想はしていたけれど、噴水のショーもある夏の祝日だったのもあって、すごい人出にびっくり。



宮殿内もまともに歩けないほどの人、人、人の山。

こんなに混雑していて、日付指定のチケットを意味があるのだろうか?と疑問に感じるが、ここはフランスだからと納得するしかない。



満員電車のような宮殿をささっと見て、プチトリアノンへ。

ここまで来ればほっと一息、メインの宮殿とは違う空気が流れている静かな空間です。



25A0F2D0-97C8-48E2-A641-9B620908AD4B.jpg



7DE50CF0-0D2A-4149-A2B8-77CEE500517C.jpg



CCDFD105-C3C1-4B77-A95E-DE5779FF40A6.jpg




プチトリアノンを訪れた後は、マリー・アントワネットの離宮や王妃の村里辺りをゆっくり散歩しました。

たくさんの動物がいて、田舎の農家の家を訪れたようなのんびりした気分になれます。










にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ



音譜こちらもよろしくお願いします。音譜




フランス語と日本語の対訳付きで、フランス語学習初心者にも、楽しく読めます。揺れるハート

フランス語恋愛絵日記


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル

"プチトリアノン"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。