パリで生牡蠣を堪能❤️

内陸部のパリで食べる魚介類は、フランスの海沿いの街で食べるものに比べて、輸送時間などの関係もあり、お値段、鮮度ともにイマイチだと感じることもあり、我が家ではブルターニュやラ・ロシェルなどの大西洋沿いの街で海の幸をいただくことにして、パリではお肉料理や火を通してお魚料理を選ぶことが多いのです。


もちろん、パリでも大金を払えば美味しくて鮮度も高い海の幸が食べれるところもありますが、やっぱり、港からあがってきたばかりのピチピチの海の幸と言うわけにはいきません。


もちろん、海沿いの街のレストランも当たり外れがあり、がっかりすることもあるので、お店次第、その日の漁次第ということにもなるかと思います。





ということで、私はパリで生牡蠣はあまり食べないのですが、パリ右岸の下町に美味しい牡蠣専門店があると聞いて、ランチしてきました。



店頭に並ぶ生牡蠣。

360AE880-C828-4754-B5E6-BCB3ADBAA0BF.jpg





外観は地味な感じですが、モンサンミッシェルで採れた生牡蠣は新鮮で美味しいです。

AF0E6C6B-8E14-4455-99C0-A4C60273026F.jpg




ちょっと大きめの生牡蠣。

3E33D5AB-1C58-42FC-903A-CAB475191D2C.jpg


9F8BC879-303D-44B7-AB65-291D0EF6C9EB.jpg


4E7ABF2B-A8B1-41C0-97A3-3DBE540DCF4C.jpg





こちらは小さめの生牡蠣。

7224D6BD-C399-4C7D-AAD6-F7FDF70D21C1.jpg




平べったいタイプの生牡蠣。

B02D23D9-65BB-45F7-9420-B01498C65FF0.jpg





ワインはミュスカデをカラフでいただきました。

A2C47984-EDDE-466E-9256-947BC279CB1E.jpg




生牡蠣は、何もかけずにそのままか、レモンだけかけて食べます。

私は、まずはストレートで海の香りと味をしっかり味わってから、残りの半分くらいはレモンでいただきました。

どっちも美味しい〜。❤️

A0488E44-032F-4520-AC0F-9D2EADC19FD2.jpg




パンがついてきます。

C97E872F-E81E-4691-B2DD-63C3AD6CFD5A.jpg





お店はお持ち帰り客のために10時半から開いていて、12時頃から店内で食べるお客さんがどんどん入ってきます。

ちょっと急いでいたので、11時に入店して食べ始めました。

229F6E5F-A384-42E4-89AB-9C2E8BE74D40.jpg



シンプルだけど感じのいい店内です。

132AFBAD-C958-4A30-B99A-C28E2587B231.jpg


2E1F02C4-9054-43F9-9355-DF2CA6A333F8.jpg


4E4CAEA1-9BC6-44FD-AA20-8DD250F3505C.jpg




オーナーのエリックさんです。

27537CE7-121A-4CA5-B65D-673255893F05.jpg





生牡蠣のスペシャリストのエリックさんがひとつずつ牡蠣を開けてサービスしてくれるので、すごく安心して食べることができます。


ここもリピート決定です。




牡蠣には、美と健康に欠かせない魔法のミネラルやビタミンがたっぷりなので、日々の暮らしに上手に取り入れたいですね。



愛のミネラル入り❤️ - 生牡蠣ランチデート





Restaurant Pleine Mer
22, rue de Chabrol
Paris (75010)
TÉL : +33 1 53 34 64 47
MÉTRO : Poissonnière, Château Landon, Gare de l'Est




LE FOODINGにも紹介されています。

https://lefooding.com/fr/restaurants/restaurant-pleine-mer-paris






ランキングに参加中です。♪♪♪
応援のクリックをいただければ、うれしいです。
ありがとうございます♪ Merci音譜

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


地域情報(フランス) ブログランキングへ








音譜こちらもよろしくお願いします。音譜


フランスの子どもたち女の子男の子の日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。ヒヨコ

子どもと一緒にバイリンガル